淡路島3年とらふぐとは?巨大養殖ふぐ、福良港ブランド[満天☆青空レストラン]

テレビ番組「満天☆青空レストラン」で

2019年1月5日(土)18時30分~19時00分に

【噛むほどに旨さ溢れ出す!!超ビッグな淡路島3年とらふぐ】

という番組があります。

 

3年かけて巨大サイズに育てる淡路のとらふぐ!

モチモチ刺し身&巨大白子の天ぷら&バター醤油炒め

関連画像

ということで、食いしん坊の私はかなり気になり、

3年とらふぐ!のことについて調べてみましたので紹介したいと思います。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

超ビッグな淡路島「3年とらふぐ」とは?

とらふぐは、フグの中でも最高級と言われます。

 

「淡路島・冬の味覚の王様」とも呼ばれるほど近年有名になった3年とらふぐ。

全国の養殖場でも1番水温が低く、日本一潮の流れの速い鳴門海峡近くにある漁場で

大切に育てられている養殖のとらふぐのことをさします。

「福良港 淡路」の画像検索結果

名前にある「3年」とは、

一般的な養殖とらふぐは、飼育2年で市場に出荷されます。

しかし、この「淡路島3年とらふぐ」は、

この過酷な環境の中で3年も過ごすため、

普通の養殖とらふぐに比べると質・量ともに明かに大きく成長し、

味わい・身の締まり・歯ごたえ・うま味は最高!

天然のフグに見劣りしない!

また、身が大きい=白子も大きい!

という特徴を持っています。

「淡路島3年とらふぐ」の画像検索結果

また、「てっぴ」と呼ばれるふぐの皮には、

良質のコラーゲンが多く含まれているといわれ、女性に大人気だそうです。

 

淡路島3年とらふぐの旬は、10月下旬~3月下旬!

この時期はが最もおいしく食べることができます。

但し、白子は12月上旬~2月下旬が美味しくいただけます。

「淡路島3年とらふぐ」の画像検索結果

「淡路島3年とらふぐ」は試行錯誤から生まれたブランド?

淡路島を南北に縦断する国道28号線の最南西端に位置する福良港。

「福良港 淡路」の画像検索結果

「淡路島3年とらふぐ」の養殖が行われている福良港では、

約30年前からとらふぐの養殖に取り組んでいます。

始めは、多くの問題が山積みで試行錯誤が続きましたが、

近年になり出荷量も増加してきました。

「福良港 淡路」の画像検索結果

特に問題なのは、養殖魚の生存率。

唯でさえ養殖は難しい上に、

日本一急な流れを持つといわれる鳴門海峡近辺のため、生育環境も過酷です。

さらに、一般的に出回る2年飼育のとらふぐに比べて1年多く飼育するため、

さらに生存率は下がります。

「淡路島3年とらふぐ」の画像検索結果

ですが・・・

そのリスクを乗り越えた「淡路島3年とらふぐ」は、

1.2~1.8kgにまで育てられ出荷されます。

1.2kg以上になると、養殖魚特有の黒いすじも消えて、身がしまり、

天然のトラフグとほとんど変わらない美味しさになります。

 

中でも淡路島福良港産の「養殖とらふぐ」は国内産の稚魚のみを使っており、

福良漁業協同組合が発行する淡路島3年とらふぐの「認定証」をもつものだけが、

このブランド名「淡路島3年とらふぐ」という名前を語ることができる!

貴重品なのです。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

真冬の寒い中、過酷な生育環境で育つ「淡路島3年とらふぐ」について紹介しました。

実際に1年・2年・3年成育されたとらふぐの大きさは、かなり違います。

「淡路島3年とらふぐ」の画像検索結果

1.2kg以上でないとブランド名すらつかない・・・

貴重で価値のあるとらふぐということがわかりました。

実際に、「淡路島3年とらふぐ」を料理した写真をみると、

唾がこみ上げてきます。

「淡路島3年とらふぐ」の画像検索結果

美味しそう、食べたい、味わいたい、頬張りたい・・・

皆さまも機会があれば、この貴重な「淡路島3年とらふぐ」を

堪能してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。