舞茸の栄養・健康効果・効能!α・βグルカンでガン・インフルエンザ・生活習慣病予防!

昔より、秋に旬を迎えるキノコですが、その種類の多さ、見た目の美しさ、美味しさ、香り・・・

多くの人々を魅了し、愛され、食べられてきています。

「舞茸」の画像検索結果

今回、あるきっかけでしったキノコの作用。

免疫力アップには舞茸、高血圧はしいたけ、疲労回復はエノキと言われており、

キノコの舞茸は、健康効果が凄いことがわかっています。

 ⇒参考:舞茸(マイタケ)栄養素、100g当たりカロリー、健康に効果的なキノコの食べ方は加熱

 

そこで今回は舞茸の栄養効果・健康への効能について

気になって調べたことを紹介したいと思います。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

舞茸が持つ健康のための栄養効果は?

舞茸に含まれている栄養成分は、

カリウム、ビタミンD、ナイアシン、亜鉛、食物繊維、他の舞茸特有の栄養成分

などがあります。

詳しく見ていきましょう。

関連画像

カリウム

・・・体内の余分なナトリウム(塩分)を尿と共に排出するため、高血圧などの生活習慣病の予防が期待できます。

ビタミンB類

・・・ビタミンB1は、体内の糖質の代謝を促進し、疲労回復を促す栄養素です。イライラ解消や集中力アップといった効能もあります。ビタミンB2は、炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進する栄養素です。皮膚や粘膜を美しく保つ作用もあり、美肌効果が期待できます。

ビタミンD

・・・ビタミンDは腸管や腎臓でカルシウムやリンの吸収率を促進し、骨や歯を丈夫にする効果が期待できます。

「舞茸 ナイアシン」の画像検索結果

ナイアシン

・・・ナイアシンはキノコ類に多く含まれる栄養素で、舞茸には豊富に含まれています。タンパク質、脂質、炭水化物の代謝をサポートし、皮膚や粘膜を美しく保つ効果にも優れ、肌荒れを予防し、美肌効果もあるといわれています。

亜鉛

・・・亜鉛は、新陳代謝、エネルギー代謝、免疫反応など、体内のさまざまな働きをサポートし正常に保つ事が期待されます。

食物繊維

・・・舞茸には、食物繊維で多糖類の不溶性βーグルカンが含まれています。体内で腸の働きを助け、腸内環境を整え、デトックス効果も期待できます。また、α-グルカンは、風邪やインフルエンザなどのウイルス増殖を顕著に抑制し、感染症の予防効果があるといわれています。さらに、消化酵素の働きを阻害して糖の吸収を遅らせ、抑えることで食後の血糖の上昇を緩やかにする働きがあります。

「舞茸 ナイアシン」の画像検索結果

エルゴステロール

・・・エルゴステロールはステロールの一種で脂溶性物質です。紫外線に当たるとビオステロールとなり、その後エルゴカルシフェロール(ビタミンD2)に変化するといわれています。エルゴステロールには、ガン腫瘍の成長を抑制する働きがあるため、抗ガン作用が期待されます。

酵素エンドペプチダーゼ

・・・タンパク質やオリゴペプチドが持つペプチド結合を加水分解するタンパク質分解酵素(ペプチダーゼ)です。この働きにより、お肉などのタンパク質を分解し、柔らかく、栄養分を吸収しやすくします。

「舞茸 肉 レシピ」の画像検索結果

キノコキトサン

・・・キノコキトサンは、体内の中性脂肪を減少させ、脂肪の吸収を妨げるため、動脈硬化など生活習慣病予防が期待できます。

MD-フラクション

・・・舞茸特有の栄養素MD‐フラクションは、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させ、免疫力を高める効果を持っています。がん細胞の転移を抑制する効果もあると言われています。

MX‐フラクション

・・・MX‐フラクションは、体内のコレステロールや脂肪を分解する働きで太りにくい体質へ改善し、基礎代謝をアップさせて血流を促進、老廃物の排出をスムーズにします。

「舞茸 ナイアシン」の画像検索結果

舞茸の健康効能は?

舞茸には、キノコ類の中でも驚くほどの抗がん作用があると言われています。

他にもインフルエンザ予防、肝臓機能の改善・向上、二日酔い予防、

生活習慣病予防、骨や歯、ダイエット効果などが言われています。

ガン予防

・・・舞茸の多糖体β-グルカンやMD‐フラクションの働きにより、NK細胞、マイクロファージなど免疫力を高める効果があります。舞茸は免疫力を調節し、高め、腫瘍の増殖を防ぎ、かつ、ガンの転移を抑制する効果が認められており、ガン細胞の増殖抑制効果が期待されています。

インフルエンザ予防

・・・舞茸の多糖体αーグルカンの働きにより、インフルエンザを予防し、免疫力アップが期待できるといわれています。

「舞茸 効能」の画像検索結果

肝臓機能の改善・向上

・・・舞茸の栄養成分MD-フラクションは、異常な細胞を除去し、肝機能障害の改善・向上が期待できると言われています。

二日酔い予防

・・・舞茸に含まれるナイアシンには、アルコール代謝をサポートする効果もあり、飲み過ぎた後に舞茸を摂取すると二日酔いに効果があると言われています。

生活習慣病予防

・・・食物繊維は、腸内における糖質の吸収をゆっくりにするため、血管内で血糖値の急激な上昇が抑えられると考えられ、生活習慣病予防に効果があります。また、キノコキトサンは、体内の中性脂肪を減少させ、脂肪の吸収を妨げるため、動脈硬化など生活習慣病予防が期待できます。

「舞茸 鍋」の画像検索結果

骨や歯を丈夫にする

・・・キノコ類には多く含まれる栄養素エルゴステロールは、紫外線に当たるとビタミンDに変化します。ビタミンDは腸管や腎臓でカルシウムやリンの吸収率を促進し、骨や歯を丈夫にする効果が期待できます。

ダイエット効果

・・・生の舞茸100gの中には、3.5gの食物繊維が豊富に含まれています。茹でることにより食物繊維の含有量は増えて、100g中には、4.3gです。「水溶性食物繊維」はビフィズス菌などの善玉菌を増やし、腸内環境が整え便通を促します。また、水溶性食物繊維の粘性により腸の中をゆっくりと移動するため、空腹感を感じにくく、ダイエット効果が期待できます。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

今回は、キノコの舞茸がもつ素晴らしい栄養効果効能について学びました。

あんなに小さなキノコの中に、

これほど驚きの栄養や健康への効果効能があることを知り、

改めて生命の神秘と魅力を感じました。

手頃な値段で楽しめる舞茸。

これからは、意識して食事の中に取り入れていきたいと思います。

「舞茸 効能」の画像検索結果

今回の記事では、舞茸の栄養・健康効果・効能やα・βグルカンがもつ

ガン・インフルエンザ・生活習慣病予防などについて紹介しました。

 

こちらの記事では、舞茸とは?栄養素・カロリー、保存方法や効果的な食べ方など

について紹介しています。

⇒ 舞茸(マイタケ)栄養素、100g当たりカロリー、健康に効果的なキノコの食べ方は加熱

 

参考になる部分も多いと思うので、是非一度目を通していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。