G7開催のケベック「ラ・マルベー」の紹介①地理・歴史編

こんにちは。

 

2018年、第44回 G7サミットが、

ここカナダ、ケベック州のシャルルボア地区にある小さな町、

『 La Malbaie ; ラ・マルベー 』で開催される予定です。

ここは、ケベックシティーから車で約2.5-3時間、

モントリオールから約6時間かかる、カナダ東海岸の小さな街です。

 

セントローレンス川沿いにあり、淡水と海水が混ざり合う地からちょっと遡ったところにあります。

La malbaie.jpg

現地の方は・・・限りなく100%の人が、フランス語(ケベコワ語)を話します。

観光地でもあるため、英語を使う人もいるので安心です!

 

大体、8000人ほどの人が住んでいるといわれています。

 

日本とはくらべものにはなりませんが、カナダの中では、400年以上続く、古い街になります。

因みに、カナダは2017年に150年目を、モントリオールは375年目を迎えました。

今回は、この地の知識・見どころと付近の町の紹介をしたいと思います。

 

Sponsored Link

 

ラ・マルベーの歴史

歴史は、1608年に遡ります。

サミュエル・デ・シャンプレーンがその地域を訪れたのがきっかけです。

 

彼の船が停泊する適当な地(海岸)が条件が悪く見つけられなかったため、

「Mal; 悪い」「Baie; 湾・入り江」を組み合わせてと呼んだことが始まりのようです。

 

その後、この2語が組み合わさり、『 Malbaie; マルベー 』 と呼ばれるようになりました。

 

1761年に英国軍のスコットランド人の将校2人が、当地を気に入りました。

関連画像「malcolm fraser QUEBEC」の画像検索結果

1人目は、ジョン・ネーン(;John Nairne、1731-1802)はマルベー川の西岸を治めました。

英国の軍人・植民地行政官であり、1760-1766年までケベック州の初代英国人知事として働きました。

「Malbaie histoire」の画像検索結果

2人目は、マルコム・フレイザー(;Malcolm Fraser、1733-1815)は、

マレー山の領主となり、東部の地域を治めました。

「Malbaie histoire」の画像検索結果

1995年2月15日、ラ・マルベーとポイン・トォ・ピック(Pointe-au-Pic)の市町村が合併しました。

1999年12月1日に、リビエール・マルベー(Rivière-Malbaie)とサン・フィデール(Saint-Fidèle)の市町村、

キャパ・レーグル(Cap-à-l’Aigle)、サン・タグネ(Sainte-Agnès)教区と次々と合併して、

ラ・マルベーの新しい町を形成するために合併しました。

関連画像

 市町村合併や廃止等、街自体が四苦八苦したようで、

つい最近、やっと今の自治体に落ち着いた新しい街なのですね。

Sponsored Link

 

最後に

 

ケベックの中でも、中心地から離れているせいか

のんびりとした、なまりの強いケベコワ語を話すここシャルルボア。

人口もそれほど多くないせいか、みんな顔見知りが多く、陽気な人たちです。

 

サミット期間中は、警備等の関係で思うようにアクティビティーは

できないかもしれませんが、

 

是非一度、年間を通して楽しめる・・・この地に、

大自然を満喫しに来てみませんか?

 

次回は、マルベー付近で起こった大地震と地震活動、おすすめの観光スポット

などについて述べたいと思います!

 

⇒ 地震  G7開催ケベック「ラ・マルベー」自然の多い小さな街を紹介②地震編

 

⇒ 観光スポット  G7開催ケベック/ラ・マルベー見逃せないおすすめ観光スポット紹介③

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。