G7開催ケベック/ラ・マルベー見逃せないおすすめ観光スポット紹介③!

こんにちは。

 

今回は、ラ・マルベーシリーズ第3弾!

いよいよ、マルベーに行くなら是非立ち寄りたい!

おすすめの観光スポットについて触れていこうと思います。

 

⇒ 第1弾; G7開催のケベック「ラ・マルベー」の紹介①地理・歴史編

⇒ 第2弾; G7開催のケベック「ラ・マルベー」の紹介②地震編;情報・頻度

 

カナダ東部、セントローレンス川沿いにあるこのラ・マルベー。

小さな町です、しかしその分・・・ダイナミックな自然が溢れています!

Sponsored Link

 

観光スポットは・・・

 

フェアモント・ル・マノワー・リシェリュー

当ホテルは、フェアモントホテル&リゾートの傘下にあるホテルです。

最初は1899年に建てられましたが、火災のため建て替えられ、現在の建物は1929年に完成しました。

ホテルは1998年にフェアモントグループに買収され、1999年に再オープンしています。

ホテルは2018年に第44回G7サミットを開催する予定となっています。

関連画像

セントローレンス川を見下ろす高台にある美しい宮殿の様なホテルです。

中には、レストランとプールがあり、隣はカジノです。

「フェアモント ホテル ル・マノワール・デ・リシュリュー」の画像検索結果

  * 住所:181 Rue Richelieu, G5A 1X7 La Malbaie, Canada

 

カジノ・ドゥ・シャルルボワ

ゲーム、レストラン、バー、ショーなどを楽しむことができます。

Forfaits Casino Charlevoix | Casino de Charlevoix

フェアモント・ル・マノワー・リシェリューの隣にあります。

「カジノ Charlevoix」の画像検索結果

モン・グラン・フォン

マルベーから15km以内にあります。

ダウンヒルスキーセンターがあり、スキー等、冬のスポーツ愛好者に特に人気があります。

 

カタバティック

関連画像

アウトドアで色々なアクティビティーが体験できます。

屋外アクティビティには、セントローレンス川でのシーカヤック、ゴーフル川での冬のカヤック、

峡谷めぐり、パラグライダー、自転車レンタルなどもできます。

「Charlevoix Katabatik」の画像検索結果

天文台とプラネタリウム

関連画像

ガイド付きツアーあり。また、シャルルボアの起源がわかる、地質学的なフィールドトリップもあります。

天候にもよりますが、夕方に望遠鏡による観測とマルチメディア・プレゼンテーションがあります。

Sponsored Link

 

最後に

 

おそらく訪れようと車を走らせて思うこと・・・

「なんて坂?山?が多いところでしょう!!!」と。

 

良く、10-15度、まれに20度くらいまでの勾配の道路標識を見かけるでしょう。

上る時はいいのですが、下りるときのあのスリルは、私にとってはジェットコースター並み?!

 

ラ・マルベーだけを訪れる際、向かう道路からすでに!

あなたを楽しませてくれるはずです!

 

次回は、マルベー付近のおすすめレストランや近郊の町の立ち寄りどころ・・・

などについて述べたいと思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。