G7開催のケベック「ラ・マルベー」の紹介②地震編;情報・頻度

こんにちは。

 

カナダケベック、ラ・マルベーシリーズ第2弾です。

⇒ 第1弾; G7開催のケベック「ラ・マルベー」の紹介①地理・歴史編

 

カナダに旅行・留学に来ている人は、おそらく体験したことがあるかもしれませんが・・・

「あれっ!この揺れって・・・?!」

そう、私たちの知っている、あの地震です。

 

実は、カナダは地震が結構ある国だったのです。

そこで、今回は、地震について特集したいと思います。

Sponsored Link

 

カナダ 地震が起きているのはどこ?

 

カナダ全体でみると、

①カナダ東部

②カナダ北部

③カナダ西部

に大きく分けられます。

「canada earthquake zones map」の画像検索結果

カナダおよび周辺地域では、毎年4000件以上の地震が計測されています。

これらの地震の大半は、マグニチュード3(M3)以下であるためあまり体感されていません。

 

カナダ東地区の地震は?

実は、ここシャルルボア地区は、

カナダ東部で最も活発な地震帯である

『 Charlevoix Seismic Zone;シャルルボア地震帯 』の上に位置しています。

Map of historic events in the Charlevoix Seismic Zone

最近は、特に大きな地震は発生していませんが、

以前はマグニチュード7(1600年代)も記録したことがあるそうです。

 

因みに上記の震度7のこげ茶色マークがついているのが、ラ・マルベーなのです。

⇒ 過去の事項(カナダ10大地震)を参照

 

今でもマグニチュード0-2程度の揺れは、結構あるようですが、大きな地震は予測されていません。

 

過去10大地震 in カナダ

 

地震のある国カナダの、10大地震とは・・・
 
やはり、発生場所によって被害規模、損害・損傷や死亡数は変わってきます。

 

・カスカディア・サブダク海岸ゾーン、ブリティッシュ・コロンビア  1700年1月26日 – 推定M9

この地震によって発生した津波は、日本にまで到達しました。
バンクーバー島の先住民は、村が破壊したと言い伝えられていますが、正確な被害記録はありません。
 
 
・ハイダ グワイHaida Gwaii沖合、ブリティッシュ・コロンビア 
   1949年8月22日 – M8.1; 1970年6月24日〜M7.4; 1929年5月26日 – M7.0

カナダの150年の歴史の中で最大の地震です。
被害の報告はありません。
 
 

・バンクーバー島、ブリティッシュコロンビア  1946年6月23日 – M7.3

カナダ最大の記録された陸上地震の1つです。2人の死亡者が出ています。
この地震は、バンクーバー中心部と隣接する本土を横断して多数の地滑りを引き起こしました。
近隣のコミュニティでは、建造物の半壊が見られました。
 
 
・バフィン湾、ヌナブト  1933年11月20日 – M7.3
 
これはカナダ最大の記録された北部地震の一つです。
場所からいって、人的・建造的破壊等の被害報告はありません。
 
 
・グランドバンク、ニューファンドランド  1929年11月18日 – M7.2
 
ローレンシャン斜面地震;Laurentian Slope Earthquakeと
南海岸の災害South Shore Disasterとしても知られています。
ニューファンドランドの南部で発生した地震は、28名の死亡者と津波が発生しました。
住宅、船舶、企業、家畜、漁具等の被害も確認されています。

・シャルルボワ、ケベック  1663年2月5日 – 推定M7.0

 この地震は、大規模な地すべりを引き起こしましたが、わずかな建造物損傷の報告のみの被害でした。

・バンクーバー島、ブリティッシュコロンビア  1918年12月6日 – M6.9

この地震は真夜中に起こり、埠頭と灯台の被害のみ報告されています。

 ・ノースウェスト準州、ナハニ地域  1985年12月23日 – M6.9

1985年以前に地震の報告がなかった地域での地震でしたが、大きな被害は報告されていません。

Sponsored Link

 

最後に

 

地震があるから・・・と怖がる気持ちは分かります。

特に過去に大きな地震を記録していればなおさらです。

 

でも、今は色々な警報・観測・予測技術が発達しており、

確かな情報を駆使して、必要時に必要な行動を取れさえすれば!問題はないと思います。

 

幸いにも、私たちは、日ごろから地震に対して心構えができているので・・・

今後、あなた自身が行く旅先の情報を先にチェックしておくといいかもしれません。

そして、実際に行く際は、準備万端に整え、安心・安全な楽しい旅行ができるといいですね。

 

 

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。