流氷バリバリ砕く小さな連絡船。シングル女子は隣の島へ冬探検!①

こんにちは。

 

相変わらず、雪は降りますが、最近はめっきり暖かくなってきたカナダ、ケベックです。

今回は、小さな島に行ったときに乗った初めての流氷船の紹介です!

 

Sponsored Link

 

小さな島へ

 

と言っても、そこまで小さい…というわけではないのですが、

車で一周30分くらいの島です。

 

名前は、 『I’Isle-aux-Coudres 裁縫の島;イル・オー・クードルといいます。

関連画像

Isle-aux-Coudres は、カナダ・ケベック州のCharlevoixシャルルボア地区”にあります。

セントローレンス川の中にある島なのです。

 

島への連絡網は、セスナ機と連絡船のみ。

 

ということで、島民のほぼすべての人が使っているといっても過言でない、

日常生活には欠かせない、「船」を取り上げます。

連絡船は・・・

 

ケベックシティーから車で約2時間。

 

乗船場の本島にある、Saint-Joseph-de-la-Rive にいき、

車のまま現地に向かいます!

「bateau isle aux coudres」の画像検索結果

川と言っても、広いセントローレンス川の上に浮かんでいる島。

両島間は、大体3.7Kmだそうで、

行き・帰りで誤差はありますが、大体20分程のれば、隣の島へ。

 

因みに 365日、連絡船はフル稼働です!

 

<乗船スケジュール>

  平日 土・日・祝日
St-Joseph-de-la-Riveから L’Isle-aux-Coudresへ

6:30-11:30 1時間おき

13:30-23:30 1時間おき

7:30-11:30 1時間おき

13:30-23:30 1時間おき

L’Isle-aux-Coudres からSt-Joseph-de-la-Riveへ

6:00-11:00 1時間おき

13:00-23:00 1時間おき

7:00-11:00 1時間おき

13:00-23:00 1時間おき

 

Sponsored Link

 

実際に連絡船に乗船してみて・・・

 

日本でも見たこともなかった、流氷・連絡船・・・

それを体験できるということで、実際に行ってみたら、

迫力がすごくて圧倒されました!!

 

小さな船なのに、ゴリゴリ・バリバリ音を立てて氷を砕き、

進んでいきます!

「Charlevoix bateau ils aux coudre Glace」の画像検索結果

流石に大きすぎる流氷は、安全のため避けていましたが、

あの振動は忘れることはないでしょう・・・

夏とは違う、冬の島ならではの体験ができ、印象深い旅になりました。

 

次回は、当島でできる、冬ならではのアクティビティ、近郊の町の観光地を紹介します!

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

 ⇒ 雪の中でも女子は元気!?冬でも楽しめるアクティビティーはたくさん!②

 ⇒ G7開催ケベック/ラ・マルベー見逃せないおすすめ観光スポット紹介③

 * 参考;観光ホームページ http://www.tourismeisleauxcoudres.com/ (英語/フランス語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。