世界最大ピラミッド、メキシコ・チョルーラ!アステカ時代繁栄トラチウアルテペトル神殿

テレビ番組「世界ふしぎ発見!」(毎週土曜日21時00分~21時54分)で

2018年11月17日に

「メキシコ なぜ世界最大のピラミッドは埋められたのか?」

という特集があります。

 

世界最大のピラミッドはメキシコにあった!

その全貌は土の中に!?

ということをクローズアップしているようです。

関連画像

実はメキシコは、様々な文化・民族が集まる国。

世界最大級の大きさながら、土の中にあるから見えない・・・

謎と興味でワクワクしてきました。

 

そこで今回は、そのメキシコにあるピラミッド・謎について

紹介していきたいと思います。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

世界最大級といわれるメキシコのピラミッドとは?

実は、メキシコには美しく精緻なピラミッドが数多くあります。

その中でも、世界最大級の大きさを誇りながらも、

その壮大な姿を土の中に隠しているピラミッドです。

場所は、チョルーラ

 

首都メキシコ・シティーより車で2時間の場所、

近郊のプエブラ市内から約10km西にあります。

プエブラのバスターミナルから出ているバスか、

ソカロの北西1.2Kmにあるミニバスターミナルからバスに乗り、約30分で着きます。

「cholula」の画像検索結果

このチョルーラは、スペイン語で「魔法の村」という意味だそうです。

メキシコのプエブロマヒコ(メキシコ観光局による観光促進プログラムの一環)

に指定されており、その美しい風景や豊かな文化遺産を持つ場所として有名です。

 

アステカ時代に栄えた大都市チョルーラ

アステカ時代(Azteca、Aztēcah)とは、

1428年頃から1521年までの約95年間を指します。

 

北米のメキシコ中央部に栄えた、メソアメリカ文明の国家時代で、

メシカ、アコルワ、テパネカの3集団の同盟によって支配されました。

言語は古典ナワトル語(ナワトル語)。

チョルーラは、アステカ時代の古代都市で、多くの人が行き交い栄えていました。

関連画像

そのシンボルとして

トラチウアルテペトル(Tlachihualpetl)神殿(通称チョルーラのピラミッド)」

があります。

 

チョルーラのピラミッドこと、トラチウアルテペトル神殿は壊された?

時期は、スペイン侵略の時代。

16世紀、スペイン人征服者エルナン・コルテスによる侵略と大虐殺がありました。

当時住民の信仰の中心であったピラミッドの一部はスペイン人により破壊されました。

そこで、ピラミッドの外観は盛り土によって隠したそうです。

そのため、見えるのは土台だけ!で隠されたピラミッドなのです。

「cholula pyramid」の画像検索結果

小山の頂点には、カトリックの教会がありますが、

これは、エルナン・コルテスの侵略の象徴として建てられました。

 

このようなチョルーラのピラミッドの歴史があります。

 

長い年月を経て、ピラミッドの大半部分は崩壊し土に覆われてしまいました。

そのため、一見すると、ピラミッドはまるで小さな丘。

その上に教会が建っているように見えるそうです。

「cholula pyramid」の画像検索結果

頂上にある「ロスレメディオス教会」からは、

チョルーラの街と近郊の美しい風景を一望することができます。

 

チョルーラのピラミッドは世界一大きい?

エジプト・ガザのピラミッドも大きいといわれていますが、

このメキシコのピラミッドの方が大きいそうです。

それは、底辺が439メートル、高さ64mのチョルーラのピラミッドの方が、

体積で比べると大きいから。

「cholula pyramid」の画像検索結果

因みに「ピラミッド」という呼び名は後付けで、

ガザのピラミッドとは目的・象徴的な意味は異なります。

 

チョルーラのピラミッドの中は?

ピラミッドは、最初は小規模でしたが、7度に渡る増改築により巨大化しました。

その中心部は「トラチウアルテペトル」と呼ばれる大神殿です。

ユネスコ世界文化遺産に指定されており、荘厳です。

関連画像

また、ピラミッドの地下道見学があるそうです。

果てしなく真っ直ぐ道が続いたり、突然階段が現れたり、

急に狭くなったりなど、様々な工夫がみられるそうです。

 

丘の上に建つロス・レメディオス教会の中は?

チョルーラの町の中央に、このピラミッドの丘、頂上に

カトリックのロス・レメディオス教会があります。

関連画像 

教会には、素敵な装飾が施されており、見どころ満載です。

 

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

チョルーラは、アステカ時代、文化・宗教・経済の中心的な街でした。

色々な文化が入り交ざり、融合していくと共に

様々な工夫がされ、現代まで受け継がれています。

「cholula iglesia de los remedios」の画像検索結果

世界最大でありながら、見えないピラミッド。

自分たちが知っている上向きの三角錐でない・・・ということを知り、

驚きと興味でいっぱいです。

個人的には、「トラチウアルテペトル」大神殿を生で見てみたい、

地下道探検をして歴史を感じてみたいなと思いました。

 

皆さんも機会があれば、是非メキシコ、チョルーラに・・・

歴史を肌に感じる旅をしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。