赤い甘酒は血圧・コレステロールに影響?紅麹とは?健康を保つ効果的な飲み方おすすめ!

テレビ番組「名医のTHE太鼓判!(毎月曜日19時00分~21時00分)で、

2018年10月22日に「芸能人…余命宣告SP!秋の健康診断」

という特集があります。

 

その中で、血圧が改善する食材「赤い甘酒とは?」という文言が・・・

関連画像

白い甘酒しか知らない私。

赤い甘酒??

甘酒で血圧改善??

 

と不思議に思い、調べてみました。

興味深いことが分かったため、今回はそのことを紹介したいと思います。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

赤い甘酒とは?なぜ赤い?

赤色の正体は、紅麹(べにこうじ)です。

 

ベニコウジカビ(紅麹黴、学名:Monascus purpureus)は、糸状菌の一種です。

モナスカスMonascus属で主に米などのデンプン質食品を

発酵させたものを「紅麹」と呼びます。

「ベニコウジカビ」の画像検索結果

古くから中国、台湾で老酒などの酒造に用いられ、

また消化を助けたり、血行をよくする漢方薬として利用されてきました。

日本の沖縄では、豆腐ようなどの発酵食品の製造で使われてきました。

「ベニコウジカビ」の画像検索結果

なぜ紅麹が血圧に影響を与える?

この紅麹は、ガンマー(γ)、アミノ酪酸(GABA;ギャバ)やモナコリンKなどを含み、

これが血管拡張とコレステロール減らして、血圧を下げる作用がある!

と言われています。

 

それは・・・

ガンマーやGABAは、延髄の血管運動中枢に作用し、

血管を拡張する働きがあるためです。

この作用のおかげで、血圧を下げて安定させる!ことができます。

「GABA ガンマー 血圧」の画像検索結果

また、モナコリンKは、

肝臓でコレステロールの合成に関わる酵素の働きを阻害する作用があり、

「コレステロールが合成させない→ コレステロールができない」ということで、

結果的に、コレステロール値を下げる!のです。

そのため、動脈硬化を改善・予防し、血圧上昇の抑制に働くありがたい栄養素です。

「紅麹とは」の画像検索結果

白い甘酒と赤い甘酒の違いは?

味は、赤と白の甘酒を飲み比べた口コミでは、

ほとんど同じで変わらないようです。

人により感じ方は違うと思いますが、大差はないと思われます。

 

栄養面もほぼ変わりがないようです。

白い甘酒では、次のような効果が期待されています。

疲労回復、免疫力アップ、肥満抑制、血圧上昇抑制、

血中総コレステロール抑制、抗酸化効果、健忘症抑制、

など言われています。

関連画像

赤い甘酒でも紅麹の働きにより、同様の効果が期待できます。

そのため、赤も白い甘酒も「飲む点滴」のようです。

 

赤い甘酒を効果的に活かす、おすすめの飲み方は?

飲む量の目安は、コップ一杯ほど。150~200ml位です。

私のおすすめは、朝食として甘酒を摂取することをおすすめします。

というのは、朝食に甘酒を摂取すると、

基礎代謝が上がり、エネルギーを効率よく作ってくれるからです。

「赤い甘酒」の画像検索結果

召し上がり方は・・・

まず、甘酒をひと肌程度に温めます。

そして口に含み、ゆっくり噛みしめながら飲みましょう。

これだけです!

 

注意点としては、ひと肌程度に温め、沸騰させないことです。

それは、甘酒内に含まれる麹菌・酵素が、沸騰すると死滅します。

そのため温め過ぎないことがポイントです!

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

冬は温かく、夏は冷やして飲むのも簡単ですが、料理との相性もいいそうです。

特に豚肉の料理や煮物と共に美味しく食べ、

かつダイエット・美容・健康にもなれば・・・

最高の食べ物ですね。

「紅麹とは」の画像検索結果

皆さんも、もし機会があればちょっとお試ししてみてはいかがでしょうか?!

 

今回の記事では、赤い甘酒のこと、紅麹について紹介しました。

こちらの記事では、甘酒とは?2種類の違いなどについて紹介しています。

 ⇒ 甘酒とは?米麹・酒粕から作られる2種類の違い・健康効果・おすすめの飲み方?[名医]

 

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

2 Comments

山宮

お粥に紅麹を混ぜて発酵器を使って甘酒を作ってみたのですが全く味がなく、発酵したら甘くなると思っていたのですがそれは間違いでしょうか?

LouLou

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

早速試しに作られてみたのですね。
ただ、出来上がった赤い甘酒が甘くないのは・・・確かに残念です。

私もちょっと調べてみました。
山宮様の作られた甘酒の分量は分かりませんが、
甘さが足りない時は、

もう少し長めの時間、そのまま保温を継続してみる、
紅麹の量を増やしてみる、
保温中は60-65度に保つ、56度以下にすると麹の活動が止まってしまうため、温度管理にきをつけてみる、
お粥に麹を混ぜる際、80度以上だと紅麹が死滅するため、気を付けてみる、

のはいかがでしょうか。
甘い、きれいな色の甘酒ができるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。