赤毛のアンだけじゃない!観光地プリンスエドワード島の歴史、おすすめの楽しみ紹介!

こんにちは。

 

カナダの東部にある小さな島、プリンスエドワード島・・・

あなたは聞いたことはありますか?

 

小さなころに読んだ、「赤毛のアン」の作者モンゴメリが

当地でこの作品を書き上げたことで有名になったこの島です。

 

小さな島ですが、魅力は盛りだくさん!

ということで、今回はこのプリンスエドワード島の観光について紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

プリンスエドワード島はどこにある?

カナダ東部のセントローレンス湾に浮かぶ島です。

実は、カナダの中で一番小さな州でもあり、英語名;Prince Edward Islandから「PEI」とも略して呼ばれます。

関連画像

プリンスエドワード島の歴史は?

この島には元々先住民族である「ミクマク族;Micmacs」が暮らし、

島の名前は、「波の上のゆりかご」を意味する「アベグウェイト島」と呼ばれていました。

 

その後、フランス領となりますが、フランスとイギリスの間に七年戦争が勃発。

1758年にイギリス領となり、「セント・ジョン島」と名称が変更されました。

1798年に当時ジョージ3世の時代で、ハリファクス駐在をしていた第4子のケント公エドワードにちなみ、

「プリンス・エドワード島」という名前に改称されました。

実はこのケント公エドワードは・・・現イギリスのヴィクトリア女王の父親に当たります。

 

1864年、プリンスエドワード島のシャーロットで、シャーロットタウン会議が開催され、

カナダの連邦制発足とカナダ独立に向けての話し合いが行われたのが、この地でもあります!

多々の困難があったそうですが、1873年に晴れてカナダの連邦に加盟しました。

 

赤毛のアンについて

なぜこの島が有名になったかというと・・・

プリンスエドワード島と言えば、「赤毛のアン」の舞台として日本でとても人気です!

実は、作者であるルーシー・モード・モンゴメリ(1874-1942)が、この島出身で、

赤毛のアンの舞台も、この島でのストーリーだからです!

「プリンスエドワード島 花」の画像検索結果

因みに赤毛のアンのあらすじは・・・

プリンスエドワード島のある農家が、後継ぎとして男の孤児を引き取ることにしましたが・・・

そこで、手違いでやってきたのが「アン・シャーリー」という女の子だった!のです。

最初は、手違いとはいえ、女の子が来るとは思っていなかったため、戸惑いがあります。

しかし、アン自身の想像力の豊かで明るい性格は多くの人を魅了し、島で生き生きと成長していく・・・

という物語なのです。

 

プリンスエドワード島の楽しみ、おすすめは?

大自然が残るこの島。ちょっと車で市内を外れると、

すぐに開かれた広大な土地、自然を満喫することができるでしょう。

そこで私のおすすめは・・・「花」!! 

カナダ東部は、冬が長いため、この短い春・夏・初秋を隅から隅まで・・・

味わい尽くすことが大事なのです。

それは花も同じ。短い期間で、いかにゴージャス・華やか・色取り鮮やかに咲くことか・・・ 

花カレンダー

楽しめる時期

メイフラワー

関連画像

5月上旬~5月下旬

「canada prince edward island Flower」の画像検索結果

5月中旬~6月中旬

リンゴの花

「プリンスエドワード島 花」の画像検索結果

5月下旬~6月中旬

ライラック

「プリンスエドワード島 花」の画像検索結果

6月上旬~6月下旬

レディースリッパー

関連画像

6月上旬~6月下旬

ルピナス

「canada prince edward island Flower」の画像検索結果

6月上旬~7月中旬

キンポウゲ

関連画像

6月上旬~8月中旬

マーガレット

「ヒナギク 花」の画像検索結果

6月中旬~8月下旬

ジャガイモの花

 

7月中旬~8月中旬

ひまわり

「canada prince edward island Flower」の画像検索結果

7月上旬~9月上旬

ブラウン・アイ・スーザン

「prince edward island brown eyed susan」の画像検索結果

7月中旬~9月中旬

レースフラワー

 

7月中旬~9月下旬

道端に咲く、ちょっとした雑草も、日本の雑草とは違います。

 

それは花も同じ。短い期間で、いかにゴージャス・華やか・色取り鮮やかに咲くことか・・・

道端に咲く、ちょっとした雑草も、日本の雑草とは違います。

そのようなカナダでしか味わえない!?ことをみつけるのも・・・

旅行の醍醐味ですね。

食べ物

「canada prince edward island Potato lobster」の画像検索結果

プリンスエドワード島で美味しいもの・・・と言われて真っ先に上がるものは、

「シーフード」!特に、ロブスター、カニ、ムール貝などの貝類は世界中の人を魅了します。

また、他にも「じゃがいも」、

「フルーツ」。特に、イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーなどのベリー類、

「乳製品」でアイスクリームやチーズなどを楽しむのはおすすめです!

 

ジャムなどの加工製品は、お土産としてもお手軽で持ち運びしやすいため人気です。

また、ワイナリーもあり、当島で楽しめるワインもあるため、是非トライしてみましょう!

 

Sponsored Link

 

最後に

日本からは遠く離れたカナダ東部。

このプリンスエドワード島は、カナダの中でも小さく、人口も多くない場所ですが、

「赤毛のアン」という、かけげえのないストーリーで一躍注目を集めました。

期待通り?!、昔のアンの過ごした時代の名残りを大事にしながら、近代化していく・・・田舎です。

どうしてもアンのストーリーを想像してしまいますが、他にも色々な魅力をもつ当地。

皆さんもこちらに来る機会がありましたら、是非一度、この異空間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「canada prince edward island Potato lobster」の画像検索結果

今回の記事はプリンスエドワード島の紹介でしたが、

こちらの記事ではプリンスエドワード島の見所観光地、貝祭りについて話しています。

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

⇒ 自然満喫観光地はプリンスエドワード島! 一人旅おすすめ見所紹介!

⇒ 貝祭りで新鮮な海の幸を頬張る贅沢旅行!おすすめ観光地はプリンスエドワード島!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。