自然満喫観光地はプリンスエドワード島! 一人旅おすすめ見所紹介!

こんにちは。

 

プリンス・エドワード島はカナダで最も小さな州です。

しかし、のんびりした田舎の魅力、広大な農地と赤い砂岩の崖の美しさが引き立つ、

白い砂浜に囲まれた見所いっぱいの場所でもあります。

 

豊富な海産物をはじめとする食べ物や文化を持つこの島は、

あらゆる世代の人が楽しめる観光地の一つなのです。

そこで今回は、当島の魅力的な観光地について紹介したいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

プリンスエドワード島の有名な観光地は?

当島は、大きく3つの地区にわけて観光が発達しています。

関連画像

3つの地区は、

  • キャベンディシュ
  • シャーロットタウン
  • サマーサイド

に分けられます。

それでは、それぞれ分けて観光地を見ていきましょう。

キャベンディシュ

プリンス・エドワード島国立公園

プリンスエドワード島国立公園は、7つのビーチ、ハイキングやサイクリングコースがあります。

グリーンゲイブルハウス

「プリンスエドワード島 グリーンゲイブルハウス」の画像検索結果

グリーンゲイブルハウスとL・M・モンゴメリーのキャベンディッシュ国立史跡です。

グリーンゲイブルハウス、19世紀の庭園、農園、森の中の道を歩くことができます。

シャーロットタウン

シャーロットタウンはプリンスエドワード島の首都で、ビクトリア時代の魅力に溢れています。

伝統的な建物は、ビーコンズフィールド歴史博物館、セント・ダンスタン大聖堂などがあります。

また、多くのフェスティバルや特別イベント会場にもなります。

プリンス・エドワード島州の州議事堂

「プリンスエドワード島 州議事堂」の画像検索結果

1864年カナダ連邦成立についての「シャーロット会議」が行なわれた、カナダ連邦発祥の地です。

現在では歴史的建築物として保存されています。

赤い砂の海岸

「プリンスエドワード島 Red Sands of Prince Edward Island」の画像検索結果

世界最長の橋の一つであるコンフェデレーション橋を通って島に到着すれば、

島の赤い砂の海岸(Red Sands of Prince Edward Island)と呼ばれるエリアです。

ノーサンバーランド海峡沿岸の赤い砂岩の崖の名前にちなんで名づけられました。

バジンヘッド州立公園

「prince edward island Basin Head Park」の画像検索結果

実は、East Coastal Driveの途中のポイントにある日帰り公園です。ここは別途入場が必要です。

砂浜を歩くと・・・「砂が奏でる音」を聞くことができるでしょう。

また、公園内にはプリンスエドワード島の沿岸漁業に関する展示品を展示する

Basin Head Fisheries Museumもあります。

コンフェデレーショントレイル

「prince edward island Confederation trail」の画像検索結果

1989年にプリンス・エドワード島の鉄道が廃止された跡地を利用したサイクリングコースです。

このコースは、シャーロットタウン、ウッド諸島、ボーデンのコンフェデレーション橋に

分かれた小さなコースで、平らに整備されており、島を端から端まで横切ることができます。

サマーサイド

ボトルハウス

「prince edward island Bottle house」の画像検索結果

エドワー・アーゼノー;Edouard Arsenaultが1979年より建設した

ガラス瓶25000本を使ったボトルハウスです。

④他の地区

カナダポテト博物館

カナダポテト博物館(O’Leary, Canadian Potato Museum)

「prince edward island O'Leary, Canadian Potato Museum」の画像検索結果

プリンスエドワード島の見所は?

やはり、プリンスエドワード島といえば、自然です!

この自然をいかに満喫し、

自分しかできない体験をする・見る・感じるかが大事になります。

陸上であれば、ランニング、ウォーキング、ハイキング、そしてサイクリングがおすすめ。

また、海上ではカヌー、カヤック、釣りにトライしてみましょう。

関連画像

夏場は、恵まれた漁場ということもあり、シュノーケリング、

水泳、パラセーリングなども楽しむことができます。

音のなる砂浜を歩き、温かい海の水を満喫し、美しく荘厳な自然を満喫する旅行・・・

それらを堪能できるのが、プリンスエドワード島の見所だと思います。

 

Sponsored Link

 

 

最後に

いかがでしょうか。

赤毛のアンで一躍有名になったこの島ですが、実は様々な魅力があることが分かったと思います。

小さく、美しいこの島・この地に・・・是非遊びに来てみませんか?

 

次回は、毎年9月に開催される、プリンスエドワード島での世界的な「貝の祭り」について紹介します。

 

今回の記事はプリンスエドワード島の観光地の紹介でしたが、

こちらの記事ではプリンスエドワード島の歴史・おすすめの楽しみ方について話しています。

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

⇒ 赤毛のアンだけじゃない!観光地プリンスエドワード島の歴史、おすすめの楽しみ紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。