タイの水かけ祭り、ソンクラーンを楽しむ!おすすめ観光スポット口コミ

こんにちは。

 

今回は、タイの水かけ祭り、ソンクラーンを楽しめる、

タイ国内の観光地について紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

 

ソンクラーンが楽しめる都市は?

バンコク中心地

ソンクラーンで盛り上がるのは、カオサン通り・シーロム通りです!

バンコクでは毎年、大規模イベントが多数開催されます。

4月12日は前日ですが、ソンクラーンの歴史や各地方の伝統文化を表現した

華やかなパレードが街を練り歩き、ソンクラーンの始まりを人々に知らせます。

関連画像

ソンクラーンの4月13日から15日の間、大規模な水かけ合戦が行われ、

地元の若者や外国人旅行者で大賑わいとなります。

若者に人気のサイアム、セントラル・ワールドやサイアム・スクエアなどのモールも

水掛けイベントが開催されます。

ナイトクラブエリアであるRCA(ロイヤル・シティ・アベニュー)も、

大音量の音楽と共に水かけあいます。

 

カオサン

ソンクラン時期には巨大スピーカーが多数設置され、

観光客やタイの若者を中心にDJが爆音の音楽を流して深夜2時まで盛り上がります。

関連画像

シーロム

高級ホテルやオシャレなお店が多い当地ですが、

高架下の道路が歩行者天国となり、水かけをする若者たちで溢れます。

関連画像

爆音の音楽はありませんが、

消防車が強烈な放水を浴びて、地元の人と水かけが楽しめるでしょう。

 

サイアム

大きなデパートが立ち並ぶ当地周辺は、Central Worldの前で行われる大量の泡・泡・泡!

「Thai Songkran Siam」の画像検索結果

泡パーティーで、音楽と共に家族で楽しむことができます!

 

RCA(ロイヤル・シティ・アベニュー)

高速道路脇に作られたクラブ・エリアで、室内外で楽しむことができます。

「Thai Songkran RCA」の画像検索結果

若い人たちが水かけ・爆音楽を楽しむ、強烈なエリアです!

アユタヤ

関連画像

旧市街のエレファント・キャンプや象柵跡で

象と水かけを楽しめるのが、アユタヤの特徴です。

寺院の境内では、人々が托鉢する僧侶にお供えものをしたり、

仏像を水でお清めしたりと従来のソンクラーンの伝統にもとづいた儀式が行われるため、

それを見学することもできます。

街の中心では、美を競い合う「ミス・ソンクラーン」のコンテストや

民族衣装で華やかに着飾った人々がパレードをして回るイベントなどが開催されます。

 

チェンマイ

当地では、ソンクラーンのことを「サリー・ピーマイ・ムアン」と呼び、

托鉢する僧侶に食べ物を献上し、持参した砂で寺院の境内にパゴダを作って競う、

伝統的な仏教の儀式が行われます。

街に人々が集まり、チェンマイの守護神の仏像「プラ・ブッタシヒン」に水をかけ、

伝統舞踊の上演なども楽しむことができます。

旧市街地のお堀周辺は、水かけが激しいそうです!

 

プーケット

「Thai Songkran Phuket Beach」の画像検索結果

人気ビーチであるパトン・ビーチでは、様々なイベントやショーが開催され、

ビーチの上で行われる水のかけ合いは、かなり盛り上がるそうです。 

 

プラパラデーン

サムットプラーカーン県プラパラデーン地区で行われるソクラーンは、

タイの中でも大多数が参加する水かけ祭りで大人気です。

「Thai Songkran プラパラデーン」の画像検索結果

開催日は通常のソンクラーンと違い、通常約1週間後の最初に迎える日曜日!と決まっています。

この地区に多く暮らすモーン族に受け継がれている民謡劇や伝統的な遊び、

盛大なパレードが行われます。

 

Sponsored Link

 

 

 

最後に

いかがでしょうか。

関連画像

ソンクラーンの最中はDJパーティや泡パーティがいろんなところで開催されています。

タイのクラブミュージックを体験する?!のも刺激的ですし、

子供まで参加できる泡パーティーは家族皆で楽しむことができると思います。

特にバンコク市内で水かけ祭りを楽しむ場合、水かけや爆音で盛り上がるのは

午後〜深夜2時ごろまでなので自己管理・時間調整は気を付けてくださいね。

 

午前中の時間は、寺院などの観光地を回り、午後から夕方は水かけを楽しむ!

また、可能なら違う都市・街に行って、

その地独特のソンクラーンを楽しむのもいいかもしれませんね。

 

次回は、ソンクラーンに参加するにあたっての注意点について紹介します。

 

今回の記事はソンクラーンで盛り上がる街の紹介でしたが、

こちらの記事ではソンクラーンの本来の意味、歴史などについて話しています。

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

  ⇒ ソンクラーンとは?タイの水かけ祭りの時期・歴史と変遷 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。