海外旅行、街歩き時に気を付けたい注意点!問題が起きたらどうする?

こんにちは。

 

旅行の移動手段の一環で、前回、海外旅行で街歩きをおすすめしました。

今回は、その街歩き・途中で気を付けてほしいことに注目したいと思います。

  ( 参考記事 ⇒ 海外旅行で街歩き!現地を知るチャンスを逃さない理由とおすすめ )

関連画像

おそらく海外のことを聞いたり・見たり・調べたりすると、安全面に関して色々な人が警告しています。

日本と違うことがほとんどで、「えっ?!」と驚く間に

すでに何かしらのハプニングに巻き込まれているという可能性もあります。

こういうこともある!ということを心に留めるために・・・

この記事を読んでいただければ幸いです。

 

Sponsored Link

 

海外旅行、街歩き時の注意点

車優先と思い、道路横断時はよく確認する

「Car Crossing」の画像検索結果

車・トラック・バイクなどには気をつけましょう。

日本と違って、「人より車が優先!」という国も少なくありません。

海外では交通マナーが悪い地域が多いと心に留め、十分に気を付けましょう。

南米の友人が言うには、轢かれる方が悪い・・・だそうです。

なので、車が止まってくれるはず・・・とは思わず、

自分の身は自分で守るために!車が止まったことを確認してから渡りましょう。

 

路地をできるだけ避ける

まず大きな通りを歩き、なるべく路地など人通りの少ない道は避けることをおすすめします。

日本とは違い、ひとつ通りを間違えただけで危険な目に・・・ということもあります。

女子一人、夜間などは特に!!気を付けましょう。

「Night Dangerous at LA」の画像検索結果

約15年くらい前なので今は変わっていると思いますが・・・

海外で、ある場所を探していた時に、通りを間違えてしまいました。

それに気づき、道を横断してもとの道に戻ろうと信号待ちをしていた時です。

ある現地のおばさんが、いきなり手を振って話しかけてきました。

友人?いや、知り合いいないし、誰?何だろう、変な人だ!と思ったのですが、

必死におばさんが押し殺した声で何かを言っていたので耳を傾けると・・・

「そこを渡っちゃダメ!こっちに来なさい!大きな通りまで連れて行ってあげる!」

と言われました。えっ!?と思って周りを見ると・・・

信号待ちをしている反対側に物騒な男の人たちが・・・

おばさんの一言がなければ・・・

と想像するだけでちょっと怖くなり、とても感謝しています。

 

常にスリに注意する

街を歩いていて、見ず知らずの人に声をかけられたら、注意が必要です。

日本でもそうですが、海外では特にスリが横行しています。

声をかけている隙に、他の仲間があなたのバックから貴重品を盗むことがあるからです。

カフェやレストランでも、イスの下に置いたバックから財布が紛失したなどよくききます。

手でスリをするだけでなく、足を使ってバックを引き寄せ盗み、

トイレに不必要なバックを捨てて立ち去るなどの犯行もあるため、気を付けましょう。

関連画像

また、スリは大人ばかりではありません。

私が見たのはイタリアでスリをしたと思われるの白人親子。

母親と7・8歳位の男の子、5.6歳位の女の子で英語を使用していました。

スリの現場でなく、ある建物の人気がない静かなところで見かけました。

どれだけの財布を取ったかを母親に見せ、母親が子供を褒めていて、私にとって衝撃的でした。

子供は興奮しており、はじめは私に気が付かなかったようですが、

物音で私の存在に気づき、あわてて5・6個あった財布を母親に渡し、3人で出ていきました。

関連画像

また、現地で長い列に並んでいた時のことです。

赤ちゃんを抱えたジプシー風の母親が、ある日本人の前に赤ちゃんをはさんで立ち、

かわいい顔をのぞきこむといった、ひと時の癒しの時間だったそうです。

その後、その女性がパスポートや財布がないと騒ぎ始めました。

そう、赤ちゃんに気を取られた隙に、バックの底がカッターのようなもので

切り裂かれ、貴重品を抜き取られていたのです。

ちなみに彼女は、サブバックをたすき掛けにして体の前で持っていました!

 

もしも街歩き中に問題が起きたら?

このようなことを述べると、街歩きはとても危険なように思われがちですが、

問題・危険を知ることは大事なことです。

 

どこにいっても、危険なことがあることを前提に、

あなた自身で万全の準備をしていれば大丈夫です。

 

また、困った時にどうすればいいか・・・

パスポートの顔写真が写っているページのコピーを持っていく、

パスポートサイズの顔写真2枚を予備に持っていく、

大使館・領事館・ホテルなどのアドレスや電話番号を控えていく

など、これだけすることで、いざという時安心です。

関連画像関連画像

怖がらずに万全の策と共に街歩きをしてみましょう!

 

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょか。

街歩きをおすすめしておきながら、注意を読んで怖くなった方もいるかと思います。

あくまでも参考例であるので、こうならないように気を付けようと思ってくれるだけで構いません。

関連画像

ただ、この記事を紹介した理由は、

ツアーで行く、メインの観光地だけ回ってみる、ガイドブックに沿って歩く・・・

のも立派な観光ですが、それを網羅しつつ、さらに「プラスα」でその国の本当の姿、

匂い、反応を見るのは、やはり街を歩いて回ることでしか味わえないと思います。

あなたがいつか、街歩きをするとき・・・

時間が許す範囲で、無理しないで、その国を芯から体験できることを願っています。

 

今回の記事は街中を歩く際の注意点でしたが、

こちらの記事では他の交通手段、街歩きのおすすめについて話しています。

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

⇒ 旅行時、最適な現地の乗り物を探そう!どの交通手段が移動に便利?!

⇒ 海外旅行で街歩き!現地を知るチャンスを逃さない理由とおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。