ランニング用バックパック!?旅行サブバックおすすめと選ぶポイント!

こんにちは。

 

あなたはいつもどのようなバックを使っていますか?

その使っているバックを国内・国外旅行でも持っていきますか?

それとも使い勝手の良いものに持ち替えますか?

関連画像

人それぞれだとは思いますが、

今回は、旅行の度にバックはどうするか悩むあなたに、

私がこれだと安心・手軽に持ち運べる!というおすすめを紹介・まとめていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

サブ・バックとは?

旅行の荷物のほとんどを詰めるのが、メインバッグです。

衣類・お土産など旅行の荷物を主に収納し、

持ち運ぶのは出発時、都市・ホテル移動時、帰国時などに限られるバックです。

 

それに対して、サブバックは、「旅行中に常に身につけるバックのことをさします。

「ショルダーバッグ」の画像検索結果

主に貴重品を入れていつもどこでも持って歩くのがサブバックなのです。

観光中はもちろん、ホテルの中でも肌身離さず持ち運ぶといっても過言ではありません。

サブバックに何を入れる?

サブバッグに入れるものは、

貴重品、観光ガイド、水のボトル、カメラ、メモ、タオルなどです。

また、電子辞書、サングラス、帽子や防寒グッズがあれば

どこに行っても大丈夫だと思います。

おすすめは、ジップロックのS/Mサイズを数枚持っていくことです。

早速ジップロックにパスポートや海外保険証写しなど濡れると困るものを

小さく折りたたんで入れておきましょう。

サブバックの選ぶタイプは?

「どのような観光をするか」によって、サブバッグのタイプを決めるといいでしょう。

例えば・・・

リュックサック

関連画像

 ・・・荷物が多く、観光地や周辺を長時間歩くことの多いアクティブな旅行をするならば、

    リュックサックがおすすめです。

    収能力が高く、またバックの重さを両肩に重さを分散させるため、

    重い荷物の持ち運びをしなくてはならなくても、身体への負担を抑えられます。

 

ショルダーバッグ

「サブバック 中身」の画像検索結果

 ・・・一般的な観光やショッピングを楽しむ旅行なら、肩がけのバッグがおすすめです。

    体の前面か横にバックが位置するため、防犯など安全面に気を配れます。

    また、リュックサックと比べて必要なものの出し入れがしやすいのが特徴です。

サブバックの選ぶポイントは?

軽く持ち運びしやすい

 ・・・ヒモが体にくいこみ難く、肩ひもは太めのがっちりしたものの方が

    疲労を軽減してくれるでしょう。

    バック自体の素材が軽いと、長時間持っていても疲れにくいです。

丈夫で防水加工してある

 ・・・少しひっかけても破れにくいものがよいです。

    また、防水加工してあれば、雨にぬれても安心ですね。

    革よりも柔軟な布やナイロン素材の方がおすすめです

容量が大きく、ポケットが多い

 ・・・貴重品やカメラなどを入れておくため、可能な限り大き目がよいですが、

    大きすぎると今度は機内に持ち込めなくなるので注意しましょう。

    また、ポケットが多いと、仕分け・出し入れしやすいです。

    ファスナーで閉めるタイプはきちんとバックが閉められ、防犯も安心です。

サブバック、私のおすすめは?

 

私のおすすめは・・・

実は、「ランニング用」のポーチ!です。

「ランニング用 ポーチ」の画像検索結果

というのは、ランニング用は持ち運び・機能・素材すべての良いところを兼ね揃えています!

最近では、ランニングをする方も増え、色々な関連商品がでています。

もしかすると、あなたにぴったりのサブバックが見つかるかもしれません!

ランニングポーチの種類と特徴

ポーチには、大きく3つ種類があります。

アームバンド タイプ

「ランニング用 ポーチ」の画像検索結果

 ・・・軽量のアームバンドタイプは、つけていて邪魔にならない大きさ、重さです。

    全体に縫い目がなく、防水・防汗加工してあったり、汚れたら丸洗いできたり、

    肌に触れる部分に縫い目がないものもあり、付け心地が良いのが特徴です。

    ポケットもついており、小銭・鍵なども収容できます。

    また、腕の大きさに合わせてサイズ調整が可能なので、男女兼用できます。 

ウェストポーチ タイプ

「ランニング用 ポーチ」の画像検索結果

 ・・・ウエストポーチとは名前の通り、腰に巻くタイプのことをいいます。

    バックによっては、腰のベルト以外にひもがついていて斜めがけにできたり、

    ベルトタイプになったりするものもあります。

    ポーチの中の物を取り出しやすく、アームバンドタイプに比べて、

    収能力は格段に上がり、ポケット等の収納わけもできます。

    ただし、装着方法によっては、体にきちんとフィットしてないことで、

    歩くたびに上下に揺れやすくなることもあります。

リュックサック タイプ

「ランニング用 リュック レディース」の画像検索結果

 ・・・小型のアームバンドやウェストポーチに比べると収容力があり、

    スマートフォンの他に、飲料水や重めのものなども持ち運ぶことができます。

    遠出をする場合に適しており、防水・防寒にも強いです。

    また、ガイドブックなど、大き目のものを入れるのにも適しており、

    収能力は高く、ポケットには色々なものを入れ、持ち運びがしやすいです。

    しかし、背中に密着しているので、夏は特にむし暑いです。

関連画像

お土産購入や一時的に袋が必要なときのために、エコバッグを持っていくのをおすすめします。

 

Sponsored Link

 

最後に

 

旅行にバックを準備したいのですが、かばん売り場に行くと

色々な種類、色、機能、おすすめポイントがありすぎて、迷って疲れてしまいます。

 

自分の旅行の目的、何を最低持つべきかを厳選し、

それにあわせて自分の理想のサブバックが見つける!

ということを忘れず、お気に入りのバックを探してみてくださいね。

関連画像

今回の記事はサブバックの選び方の紹介でしたが、

こちらの記事では海外旅行の必要物品準備リストについて話しています。

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

  ⇒ 女子は要チェック!海外旅行に持っていくべきオススメなものリスト!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。