レモン皮(レモンピール)栄養効果・効能!皮ごと食べて健康・免疫力UP・生活習慣病予防

よくレストランで水を頼むと

ピッチャーの中にレモンがスライスされている水をついでもらいますが、

爽やかなレモンの香り・味でリフレッシュもできます。

 

風邪・疲労回復など、体の不調の時によくハチミツレモンを作って飲みます。

それ以外でも、たまに料理に使用はしますが、

実際にレモンだけでは酸っぱすぎて食べにくい・・・

というのが、一般論ではないでしょうか。

関連画像

調べてみると・・・レモンは、果汁・果肉・香りだけではなく、

「皮」も大切な栄養素だそうです。

実は、免疫力向上、美肌効果、ダイエット効果、

生活習慣病予防、アレルギーや育毛対策も

期待できるという凄い力があることがわかっています。

そこで今回は、驚くべきレモンの力について調べたことを

紹介していきたいと思います。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

レモンの栄養成分は?

レモンとは、柑橘系の果物の一種です。

レモンは、果汁や果実よりも「皮」に多くの栄養成分が含まれています。

最近では生活習慣病の予防に効果があるといわれ、

いつもは捨てているレモンの皮に注目が集まっています。

関連画像

<栄養成分>

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンP
  • カリウム
  • カルシウム
  • クエン酸
  • レモンポリフェノール(エリオシトリン)
  • ペクチン
  • リモノイド
  • エリオシトリン
  • リモネン

関連画像

レモンの健康効果は?

ビタミンC

・・・シミ・ソバカスの予防、体内でコラーゲンの生成に関係し、皮膚や粘膜の健康維持に効果が期待できます。また、鉄分の吸収を高める働きがあります。さらに、鉄分の吸収を高める働きがあります。疲労・睡眠不足・寒さ・暑さなどのストレスを解消する効果・抗酸化作用の働きがあるとも言われています。抗酸化作用は、動脈硬化、心疾患・老化の予防をするため大切です

ビタミンE

・・・シミやしわなど、アンチエイジングに効果があります。

ビタミンP

・・・ポリフェノールの一種で、皮の白いところに多く含まれており、毛細血管を強くする働きがあります。体内から毒素を排出し、免疫力を高める働きを持ちます。

カリウム

・・・塩分や老廃物の体外への排出を促す効果があります。

カルシウム

・・・肌のたるみや乾燥の解消に効果があります。

関連画像

クエン酸

・・・クエン酸がレモンの酸っぱさの元で、腎臓の機能を活発にし、余分な水分や老廃物、毒素を体外へ排出します。

レモンポリフェノール(エリオシトリン)

・・・抗酸化作用があり、生活習慣病予防・アンチエイジング効果が期待できます。体重増加や脂肪の蓄積、またインスリン抵抗性を抑える効果があります。

ペクチン(食物繊維)

・・・腸の蠕動運動を促進し、また腸内の善玉菌である乳酸菌を増殖させることで腸の調子を整えるため、腸内で溜まった不要物を柔らかくして排泄を促し、便秘を解消してくれます。血糖値の安定やコレステロール値の低下にも効果もあります。

リモノイド

・・・体内の細胞をダメージから守り、がん細胞が生成されるのを防ぐ効果があります

エリオシトリン

・・・油に対して強い抗酸化力を発揮します。果汁にも果皮にも多く含まれてます。

リモネン

・・・レモンの香り成分で、リラクゼーションに効果があるといわれており、ストレスを緩和してくれる作用があります。また、頭皮を清潔に保つ抗菌作用や、抜け毛の原因となる酵素の働きを抑える働きがあるといわれます。さらに、胃の粘膜を保護し健胃作用があるそうです。

関連画像

レモンの効能は?

疲労回復

美肌維持

抜け毛予防・育毛促進

ガンの予防

生活習慣病予防

関連画像

疲労回復

・・・レモンには、筋肉疲労などによる乳酸を排泄する働きがあり、新陳代謝が促され、疲労物質の排泄をスムーズにしてくれます。

美肌・アンチエイジング

・・・レモンにより新陳代謝が促されることにより、冷え性の改善や美肌効果が高まります。また、活性酸素の抑える作用により、細胞の酸化を抑制して肌をみずみずしく保ち、アンチエイジングによいそうです。

抜け毛予防・育毛促進

・・・レモンの香り成分であるリモネンの働きにより、頭皮を清潔に保つ抗菌作用や、抜け毛の原因となる酵素の働きを抑える働きがあるといわれます。このことより、抜け毛が減り、育毛促進が期待できるそうです。

ガンの予防

・・・抗酸化作用のため、ガンの予防効果が期待できます。

生活習慣病予防

・・・レモンには、筋肉疲労などによる乳酸を排泄する働きや血液をサラサラにする働きがあるため、新陳代謝が促され、疲労物質の排泄をスムーズにしてくれます。そのことより、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防が期待されます。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

国産、無農薬のレモンならそのまま使えそうですが、

最近は輸入物のレモンが多くみられます。

農薬などが気になりますが、塩でやさしくもむように洗い、最後に流水で流したり、

沸騰したお湯に30秒ほどつけて流水で流すと気になる農薬は取れるそうです。

関連画像

ちょっとしたことで、農薬などの健康被害リスクを減らし、

かつ、レモンの持つ健康効果が期待できるのならば、嬉しいですね。

皆さんも良ければ、レモン・レモンの皮も試しに食べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。