畳表・龍鬢表(りゅうびんおもて)!い草加工職人、山根靖之(山根商店)[和風総本家]

テレビ番組「二代目 和風総本家 年末2HSP」にて

2018年12月27日(木)20時55分~23時08分に

「平成最後の年末年始!汗と涙の職人SP」があります。

 

家族のため、そして伝統の技を後世に残すため必死に頑張る職人さん。

その放送の中で、畳に関して職人さんが働いていました。

実家には畳はありますが、全く関心を持っていなかった私ですが、

内容を見ていると、知らない名前を発見しました。

 

それは、「龍鬢表(りゅうびんおもて)」と呼ばれるものです。

今回は、その興味深い畳の世界について・・・紹介していきたいと思います。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

まずは、畳とは?

和室の床上に敷く日本独特の敷物の一種です。

わらを重ねて麻糸で締めた床にい草で織った畳表をのせ、縁を付けます。

 

古代の寝殿造では座具として使用されていましたが、

室町時代以降では、書院造が完成し、部屋全体に敷かれるようになりました。

 

形式は長短・厚薄等多様で、縁の染織により、皇室用の繧繝(うんげん)縁、

白地に黒を織った高麗(こうらい)縁等高級のものから、

縁なしの坊主畳等とそれぞれ用途に応じ使用されます。

「龍鬢表」の画像検索結果

寸法は地域によって異なり、東日本では田舎間(174cm×87cm)、

西日本では京間(190cm×95cm)が基準となっています。

 

「い草」は天然の空気清浄機と言われています。

それは、空気中の二酸化窒素やホルムアルデヒドを吸着し、

室内の空気を清浄化してくれる機能があるからです。

また、天然素材のため、お子様なども安心して使用することができます。

 

畳の龍鬢表(りゅうびんおもて)とは?

乾燥した良質の長いい草を選んで、水洗い・天日乾燥を3回繰り返します。

このい草を大目、または小目に無地織りにし、

均一の渋茶色・飴色に仕上げたものです。

「龍鬢表」の画像検索結果

座敷で使用する普通の畳表の目(1.4cm)に対して、

大目は、3.6cm、小目は2.2cmに織られます。

通常、茶室の床畳や床の間の畳表用として使われています。

水洗い・天日乾燥などを施し、

あらかじめ渋茶色・飴色に焼く(天日で日焼けさせ変色させる)ことは、

飴色の美しさと床の間などの場合、花瓶などを上に置くためです。

青畳だと置いた部分だけ、色が変色せず、色ムラができるため、

これを防ぐためといわれ、先人の知恵で親しまれてきました。

 

龍鬢表は、江戸時代から「床の間」に使う畳表として生産が始まりました。

なぜ、床の間かというと・・・

床の間は上座にあたり、部屋の中でも大切なお客様をお迎えする場所です。

「Ryubin omote」の画像検索結果

というのは、江戸時代は電気が発達していなかった時代。

夕暮れになり、部屋が暗くなれば、ろうそくや菜種油の火で部屋の中を灯しましたが、

畳の色が青いと、部屋全体が薄暗く感じられます。

しかし、龍鬢表を使用した畳は、色が黄金色のため、

部屋の中、特に床の間を少しでも明るく見せたいという思いから

人々の間で受け入れられ、親しまれてきたそうです。

 

ごつくて粗い、い草は 龍鬢表には向かず、さらに、端まできちんと太さが均一に

揃わないといけない!こだわりの逸品です。

洗うと太さがバラバラになるようない草も使えないそうです。

い草についた染土を丁寧に落とします。

その後、丁寧に天日に干します。

黄金色に輝く「赤龍鬢」は特に、お日様の香ばしい香りがするそうです。

龍鬢表専門・畳表 山根商店

Webサイト:https://www.ryuubinn-yamane.com/

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

今回の和風総本家では、広島県尾道市で龍鬢表を製造している

山根商店が取り上げられます。

山根さんは、龍鬢表の畳表を作りづづける、職人さん。

関連画像

彼は、勉強熱心で、色々なことを学びながら、また伝統の龍鬢表を作り続けています。

末永い山根さんのご健勝を願い、

日本を代表するこの技術を繋いでいってほしいとおもいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。