クリスピークリームドーナツ若月貴子社長プロフィール!エクセレントな会社[ガイヤ]

テレビ番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜日21時54分~22時54分)で、

2018年10月30日に【外食王4 どん底から起死回生!】

という特集があります。

 

そこで取り上げられるのが、かつて一世を風靡した外食チェーン、

クリスピー・クリーム・ドーナツ(KKD)。

「クリスピークリームドーナツ」の画像検索結果

開店当時は長い行列で、待ち時間が長いとメディアに取り上げられていました。

近年は、時代の流れ、消費者のニーズの変化を上手く捉えきれなかったため、

売り上げが伸び悩み、店舗の大量閉鎖を迫られるなど苦境に立たされています。

 

しかし、女性の新社長を筆頭に、現在は会社・店舗改革を行い、

復活の兆しが見えてきている!と言われています。

 

そこで、今回はそのクリスピー・クリーム・ドーナツの社長、若月さんのプロフィールを

紹介していきたいと思います。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンの若月貴子社長のプロフィールは?

名前は、若月貴子(わかつき たかこ)さん

1969年生まれ。

1992年筑波大学卒業

同年、(株)西友に入社。

経営管理本部企画室や海外法人担当・海外グループマネジャー等を歴任されました。

2007年、株式会社経営共創基盤(IGPI)入社し、経営コンサルタントとして転職しました。

関連画像

2012年、クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社に入社。

管理本部長として経営企画や財務・総務・人事など、

バックオフィス全般を担当し、執行役員副社長に就任。

2017年4月より、同社の代表取締役社長に就任されています。

「若月貴子」の画像検索結果

「グッドな会社」ではなく、「エクレセントな会社」をめざして

実は、経営不振の兆しが出始めた時、

人事改革をするかどうか、ギリギリまで迷っていたそうです。

関連画像

コンプライアンスの案件で、当時の社長と二人でどう対応しようか考えていた時に、

当時の社長が発した言葉、

「若月さん、僕は「グッドな会社」ではなく、「エクレセントな会社」にしたいな」と

呟くのを耳にしたそうです。

若月さんは、その時、自分に求められているミッションは、

この会社を強くすることなんだ、と気づいたそうです。

会社を底上げすること、

エクセレントな会社にするために何をすべきか?

を考えられました。

 

会社で定められた、守るべきことは守る

統一すべきことは統一する

会社になかった秩序とルールを新たに設けることと、痛み・不信・反発を生みます。

そこに合えて挑戦した、若月さん。

 

今日の経営V字回復、再出店のスタートを切ったのも、

エクセレントな会社を目指して、一筋に頑張ってこられた賜物のように感じました。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

ここカナダでもクリスピー・クリーム・ドーナツを

時々お土産として友人宅に持っていきます。

確かに、ドーナツは甘い・・・のですが、

それも文化の違いの一つ、カナダにいるからカナダ人の味を楽しもう!

と割り切って食べています。

確かに、日本にあるから日本人向けの味に・・・という考え方もわかりますが、

だからこそ!私としては、甘い・アメリカの味、海外の味・雰囲気を強みにして、

オリジナルのドーナツを作り続けてもらえたら・・・と思いました。

「若月貴子」の画像検索結果

因みに私としては、日本のクリスピー・ドーナツの品数の多さは、羨ましい。

私の家の付近のお店は、本当に5種類くらいしかなく、

デザインなどの完成度も・・・

ドーナツ好き、かわいいもの好きな私としては、

今すぐにでも新商品を試したい気分でいっぱいです!

 

今後も、クリスピー・クリームがさらなる発展、改革・復活していくことを

心より願っています。

 

次回は、クリスピー・クリーム・ドーナツがなぜ経営不振に陥ったのか、

そこからどのような改革を行われたのか?ということについて紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。