東京の絶景・青ヶ島!海の孤島はどこ?二重カルデラ地形、地図、気温、ベストシーズン!

以前より、テレビ番組などの特集で

「東京都でありながら独自の文化・慣習を持つ」

ということで興味があった自然の多い島、青ヶ島。

 

気になったため、調べてみましたので紹介したいと思います。

次の休暇で過ごす地を考えているあなたに・・・

もしかするとピッタリの場所かもしれません。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

まず、青ヶ島はどこにある?地図上では・・・

東京から358km、南に位置する絶海の孤島「青ヶ島」。

伊豆諸島にある火山島で、周囲は約9km、面積は5.98平方km。

東京都の村の一つです。

「伊豆国 青ヶ島」の画像検索結果

青ヶ島は、東京都でありながら、人口は約200人。

日本一人口の少ない村でもあります。

実は、青ヶ島には、「○○町○○番地」という細かい住所がなく、

島内全域において、住所は「〒100-1701 東京都青ヶ島村無番地」なのだそうです。

 

はじめて、このような住所を知りました。面白いですね。

青ヶ島へは、直行便がなく、乗り換える必要があります。

そのため、八丈島を経由して、船かヘリコプターでアクセスします。

空路であれば、羽田から八丈島まで約1時間、八丈島から青ヶ島までヘリで約30分です。

関連画像

青ヶ島だけにある、絶景のカルデラとは?

青ヶ島は活火山を取り囲むようにできた島です。

度重なる噴火で、外側の山と内側の山(丸山)の間、

そして丸山の内部に二重の凹み(へこみ)が形成されています。

 

この凹みは、カルデラと呼ばれます。

カルデラとは、地下のマグマが大量に流れ出した後、

マグマがあった部分の空洞が陥没した後にできる凹みのことです。

 

青ヶ島は約3000年前に大規模なマグマ水蒸気爆発が起こり、

その後、今のカルデラの状態になったといわれているのです。

「caldera Aogashima」の画像検索結果

青ヶ島は、周りを断崖絶壁に囲まれており、

その高さは、低い所で約50m、高い所では200mにも達します。

 

峰伝いに一周する遊歩道は、様々な景観を楽しむことができます。

また、島のシンボルである内輪山の丸山には、

自生するオオタニワタリが放射状模様に見えます。

 

この2重の珍しいカルデラは、

島でもっとも高い「大凸部(オオトンブ)」と呼ばれる丘から、

一望することができるそうです。

関連画像

絶景の青ヶ島が楽しめるベストシーズン・気候・気温は?

青ヶ島の気候は、温暖湿潤気候です。

 

残念なことに?青ヶ島そのもののベストシーズンはないそうです。

 

しかし、平均気温は冬期で10℃前後、夏期で26℃前後で、

どのシーズンに行っても、本州に比べるとより過ごしやすく感じるそうですよ。

 

個人的には、毎年8月10日に行われる、青ヶ島最大の祭事「牛祭り」に興味があるため、

その時期に合わせて訪れてみるのもいいかもしれませんね。

関連画像

また、天然のプラネタリウムと呼ばれるほど、星空がきれいな青ヶ島。

特に空気が澄むといわれる、

秋から冬にかけて旅行するとみることができるといわれており、おすすめです。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

世界の中での類を見ない、

内輪山と外輪山を持つ世界的にも珍しい2重カルデラを持つ青ヶ島。

また、火山島で周りを断崖絶壁に囲まれており、砂浜がない地形。

 

自分のイメージする島、自然と実際の青ヶ島は異なっているようです。

「caldera Aogashima」の画像検索結果

昼間は、絶景の島内の観光、夜は満天の星空の下で自然を満喫してみたい・・・

 

すぐにはいけない場所、天候によっては交通手段がなくなる場所だからこそ、

いつか行ってみたい!と憧れが強くなりました。

 

今回の記事は、青ヶ島の場所、地形、気候、気温などの紹介でしたが、

こちらの記事では、青ヶ島内で走っている車が品川ナンバー?!

ということについて話しています。

 ⇒ 東京・青ヶ島は伊豆諸島!なぜ暮らしに必要な車は品川ナンバー?[たけし日本ミカタ]

参考になる部分も多いと思うので、ぜひ一度目を通していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。