アナゴとは?ウナギとの違い、見分け方は?豊富な栄養・効果効能を持つ海水魚!

毎週土曜日9時30分~9時55分に放送されるテレビ番組「食彩の王国」。

2018年10月6日の放送で「アナゴ」が取り上げられるようです。

 

アナゴ・・・といっても、

ウナギの代わり?見た目も同じだし、さばいたアナゴは、全く鰻と一緒じゃ??

と思っていました。

では、何が違うのでしょう?

関連画像

気になってきましたよね。

スーパーで手頃に手に入るのは、アナゴ。

値段も庶民価格で、タレがかかったウナギもアナゴも同じに見えます。

 

知って鮮魚店やスーパーに行ってみると・・・

見事に私の近所はアナゴばかり。

 

そこで、アナゴのこと、アナゴとウナギの見分け方・違いについて

調べてみたので紹介します。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

アナゴとは?

アナゴは、ウナギ目アナゴ科アナゴ属の海産の硬骨魚です。

アナゴといっても

クロアナゴ、ギンアナゴ、ゴテンアナゴなどがいますが、

日本で食用とされているあなごは、「マアナゴ」です。

関連画像

体型は、細長く円柱状をしており、背と臀鰭(しりびれ)は尾につながっています。

ウナギ、ハモと同じで、に腹鰭(はらびれ)がなく、「無足魚類」といわれます。

 

体色は環境によって違い、濃茶色、淡灰褐色(砂泥底)、濃褐色(岩場)にわかれます。

また、腹側は白銀色で、側線の孔が白色点で、白点が尾にかけて1縦列に走っています。

 

アナゴのメスは90cm~1m、オスは小さくて40~50cm前後に成長します。

 

特徴は、夜行性。昼間は砂泥地の穴など海底に生息・潜んでいます。

そのため、穴子漁は底曳網や延縄漁で行われます。

「穴子」の画像検索結果

アナゴとウナギの違いは?

ウナギとの違いは、アナゴは上アゴの方が大きく、

側線上に白い斑点が並んでいるため、見分けることができます。

 

アナゴは、浅い海の砂泥底に生息する海水魚ですが、

ウナギは違います。

熱帯~温帯にかけて分布し、魚の時は川・湖などの淡水で生息しますが、

産卵時期になると海に行き、孵化します。

その後、シラスウナギとなって川や湖に戻ります。

関連画像

また、アナゴは成長すると体長が約1mほどになりますが、ウナギは、体長約60㎝です。

 

アナゴの旬は、6~8月。さっぱりとした味が良い!と言われ、脂分の少ない夏が旬といわれます。

ウナギの旬は、脂分の多い10~12月です。

 

アナゴを美味しく食べる方法は?

食べ方としては、蒲焼、白焼き、寿司、煮物、天ぷら、

アナゴご飯、アナゴ丼、酢の物・・・

などにしても美味しいです。

「穴子 うなぎ」の画像検索結果

アナゴはどのようなカロリー・栄養がある?

カロリーは100gあたり生マアナゴ161kcalです。

主な栄養成分としては、

タンパク質、脂質、ビタミンA(レチノール)、

ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、

葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、

ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ナトリウム、カリウム、

マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、セレン

などを含みます。

「穴子 うなぎ」の画像検索結果

アナゴの体への効果効能は?

疲労回復

免疫力向上

感染症の予防

眼精疲労の改善

夜盲症の予防

体力向上

生殖作用の維持(滋養強壮)

があるといわれています。

特に、アナゴの良質なタンパク質は、

体力の向上、代謝活動の促進、疲労回復に役立ちます。

ダイエット中など、美味しいものを食べながら、

効率よくタンパクを取りたい人、脂肪分を少なめにしたい人は注目ですね。

 

アナゴとウナギの栄養比較をしてみましょう!

栄養成分比較すると・・・

タンパク質は、アナゴの方がウナギより豊富です

脂質は、ウナギの半分以下です

カロリーは、ウナギが高く、アナゴの方が低いです

ビタミン類は、ウナギの方が圧倒的に豊富です

ミネラル類は、ウナギとほぼ同じ量です。

ウナギも栄養豊富ですが、アナゴも負けておらず、栄養満点です!

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

アナゴとウナギは何が違う??と思って、はや○○年。

ずっと疑問に思っていたことが、解決しました!

 

私のご近所では、ウナギ・・・と書かれたアナゴが冷凍食品コーナーにあります。

海外だから仕方ないか・・・。

「穴子 うなぎ」の画像検索結果

ウナギは脂っこいから7月の土用の丑の日に1回/年・・・

と思って食べていたのですが、

アナゴの長所を知った今、上手くいかさなければ!

今後は、ウナギに比べてお手軽な値段で手に入る「アナゴ!」ですね。

夕食メニューのレパートリーが増えそうです。

 

次回は、アナゴの栄養について、体に及ぼす効果効能について紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。