コンビニ肉まんのタレは酢醤油とからしがおすすめ!地元の常識は非常識!?

こんにちは。

 

あるニュース記事で自分の常識が覆される事実・・・

とても衝撃だったことが最近ありました。

 

それは、大好きな肉まん・あんまんのお話しでした。

コンビニにいって、何か小腹に入れようと思った時に手軽に楽しめる、このメニュー。

私の地元福岡では、肉まんを頼むと必ず!と言っていいほど、ついてくる酢醤油とからしが・・・

普通じゃない!ということ。

「なんだ、そんなことか・・・」と思ったのも無理はありませんが・・・

福岡では当たり前のことだったため、かえって驚きました!

 

今私の住むカナダでも、中華街に行った時、アジア系のスーパーに行くと

必ず見かけるほどの肉まん。

その肉まんについてくる、私にとって欠かすことのできない酢醤油やからしについて・・・

今回は、紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

肉まんの食べ方は?普通って何?

一般的に、肉まんを食べる時に何を付けているのでしょう。調べてみると・・・

何もつけずにそのまま食べる!人が多いことがわかりました!

確かに、中の肉まんのタネに味がしっかりついていれば、美味しく楽しめるのでしょう。

関連画像

でも、皮は?

そのまま食べても美味しいでしょうが、私は手作りする時は、

ちょっと砂糖を入れるので味も少し感じます。

皆さんは、ほんのり味の皮を楽しみ、タネのジューシーさを感じているのですね。

 

肉まんのタレは、おすすめの酢醤油とからしを付けて食べよう!

実は、外ではあまりしませんが・・・自分一人や家で楽しむときは、そのままパクつきません!

というのは、あの美味しい酢醤油を存分に楽しむことが目的だからです!!

 

そのため、私がすることは・・・

肉まんを見てみると、皮の外側が一部めくりあがっていますよね。

めくりあがってない場合は、いちばん表層の外皮のことです。

「肉まん 薄皮むく」の画像検索結果

そのちょっと乾燥し始めた薄皮を少し剥き、先に味わいます。

この薄皮はほんのり甘め。肉まんを食べるぞ!という、お口の下準備です!

 

そして、本番はここから。

小さな受け皿に出した酢醤油に、むき出しになった内側の皮をズン!と漬け込みましょう。

 

なぜそんなことをするかというと、表層の内皮は堅めで酢醤油をはじき、吸い込まないからです!

なので、薄皮をむくことがポイントです。

「肉まん 薄皮むく」の画像検索結果

ただ、外出先でちょっと恥ずかしいな…という人には、

はじめに何もつけずに一口かぶりつき、外皮突破!中の皮を表出させた後に、

さりげなく・・・酢醤油を内皮に垂らしましょう!

 

からしの役目は、味を変化させる、アクセントをつけることです。

酢醤油で楽しんだ後、からしをちょっとつけて食べることで、また新たな味わいの

可能性を広げてくれるように感じ、肉まんに限らず使用しています!

 

なぜ肉まんに酢醤油なのか?その効果は?

では、数ある調味料の中で、なぜ酢醤油をおすすめするのかというと・・・

「酢」の酸味には食欲アップ効果・必須アミノ酸パワーで体を元気にしてくれること、

「醤油」のちょっとしたしょっぱさを足すことで、味のアクセントになることがあげられます。

また、酢は他の調味料が強調する味、例えばしょっぱい、甘いなどの強調を和らげ、

各調味料の調和を助けてくれる、「仲裁人」「仲介役」のような役目をします。

なので、かどが取れてまろやかな味わいに料理を変化させてくれるのです!

酢醤油って、とっても万能なのですね。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

何気なく肉まんを食べるときに必ず一緒の酢醤油・からしは、理由があったのです。

「肉まんを食べる」の画像検索結果

ちょっとした調味料なのですが、侮ることなかれ、素敵な肉まんのお供だということを

感じていただければ幸いです。

もし機会があれば・・・是非試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。