生姜(ショウガ)とは?特徴・種類・分類・栄養成分、一日の摂取量・方法!凄い健康効果

生姜は「体に良い」「料理をする際に一味加えてくれる」「香りがよい」と

昔から人々に好まれ食べられてきました。

冬に食べると体が温まることも知られており、

さらに魚料理を作る際には臭い消しに使うなど

色々と活用することもできます。

「Ginger」の画像検索結果

今回は、大活躍する生姜に焦点を当てて紹介したいと思います。

ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

生姜とは?

生姜(しょうが、学名:Zingiber officinale)は、ショウガ科ショウガ属の多年草で、

野菜として食材・生薬として昔より利用されています。

 

生姜は地下に根茎があり、地上に見える部分は葉だけです。

楕円形の葉はまっすぐに立った茎から出ているように見えますが、

実はこれは茎ではなく、各々の葉が折り重なるように巻いたものが

茎のように見えるそうです。

黄色く、唇弁は赤紫に黄色の斑点を持つ花は、

根茎から別の茎として出てきて咲きます。

「Ginger」の画像検索結果

生姜の分類は?

生姜は栽培・収穫方法により、

根生姜

葉生姜

矢生姜(軟化生姜)

に分類されます。

根生姜・・・地下の根茎部分を食用とするもの。

葉生姜・・・根茎が小指程度の大きさにまで成長した段階で葉が付いたまま収穫したもの。谷中生姜など。

矢生姜・・・軟化栽培し15cm程度に成長した段階で太陽に当てて茎元が紅色になったところを収穫したもの。筆生姜、芽生姜、一本生姜、軟化生姜ともいい、焼魚の添え物(艶やかな色合い・解毒・香り付け)活用されます。

「根生姜、葉生姜、矢生姜」の画像検索結果

生姜の種類は?

生姜は、大きさ別に見ると

大生姜

中生姜

小生姜

の3種類に分けられます。

大生姜・・・生姜の晩生種のこと。1個の大きさが1kgにもなることがあり、品種としておたふく・印度などがあります。

中生姜・・・生姜の中生種のこと。1個の大きさが500g前後で、品種として三州生姜・黄生姜などがあります。

小生姜・・・生姜の早生種のこと。1個の大きさが300g前後で、品種として金時生姜・谷中生姜などがあります。

「大生姜・中生姜・小生姜」の画像検索結果

生姜の主な栄養成分は?

生姜の主な栄養成分は、

生姜にある栄養成分は主に、カリウム、マグネシウム、ビタミンC、鉄が含まれますが、

量はあまり多くありません。

 

生姜に特徴的な他の成分も含まれています。

それは、生姜の辛み・香りの成分のことで、生姜が健康に良いといわれる理由です。

シネオール

ジンゲロール

ショウガオール

です。

関連画像

生姜の一日の摂取量、摂取方法は?

生姜は1日10g程度の摂取が望ましいといわれています。

 

生姜を乾燥させる、加熱調理をするなど手を加えることにより、

生の生姜に含まれるジンゲロールという成分の一部が変化して、

ショウガオールに変化するため、同じ生姜でも生で食べる時と手を加えた後では、

その栄養成分の違いから働き方も違ってきます。

 

そのため殺菌作用・ガン予防などを目的として食べる場合は「」で食べることで、

体を温めて新陳代謝を向上させる・嘔気を抑えるなどを目的として食べる場合は「加熱

をして食べることで、

その本来目的とする栄養効果が変わってくるでしょう。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

生姜を生でも調理しても食べることは好きでしたが、

今回調べたことにより、生姜=体を温める食べ物という方程式は、調理方法によっては

なりたたない!ことを知り、驚きました。

また、ガン予防効果などもあり、どちらの効果も見逃せない!!ため、

自分の食生活の中でどのように生姜を上手く取り入れていくか!?を

考える良い機会になったと思います。

皆さんも、一緒に生姜を食べて健康生活をしてみませんか?

関連画像

今回の記事では、生姜について、その栄養成分や効果・効能について紹介しました。

次回は、生姜の主な栄養成分の健康への効果・効能について

焦点を当てて紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。