殺人・脳食いアメーバ、フォーラーネグレリア感染の恐怖!症状・潜伏期間・治療方法は?

CNN系列局KVTVによると、

アメリカ南部テキサス州にあるサーフリゾート施設、

ウェイコのBSRケーブルパークを訪れた29歳ニュージャージー州の男性が、

脳をむしばむといわれている病原性アメーバ

「フォーラーネグレリア(ネグレリア・フォーレリ)」に感染。

症状を発症、死亡していたと報告されました。

この件で、アメリカ疾病対策センター(CDC)などが同施設の調査に乗り出しました。

 

CDCは、同リゾートの水を採取してネグレリア・フォーレリの検査を行い、

地元の衛生当局と連携して、

対策について同施設に勧告を行っているということです。

「Naegleria fowleri」の画像検索結果

脳をむしばむアメーバ?

死に至る?

と疑問が・・・聞くだけで恐ろしい

 

そこで調べましたので紹介したいと思います。

思った以上に厄介なアメーバのようです。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

脳をむしばむ殺人・人食いアメーバとは?

その殺人アメーバの名前は、

フォーラーネグレリア(学名:Naegleria fowleri ネグレリア・フォーレリ)

と言います。

 

鼻から嗅神経伝いに脳に侵入し、「原発性アメーバ性髄膜脳膜炎」を起こします。

侵入した際に脳を溶かすため、

脳髄膜炎という炎症が起こり中枢神経系が破壊されます。

関連画像

死亡した方の病理解剖した際、脳が形状を保てないほど溶けており、

「人食いアメーバ」「脳食いアメーバ」「殺人アメーバ」などと呼ばれているのです。

 

感染すると致死率は95%を超えると言われ、

死に至るまでの期間は、症状が出てから、早ければわずか5日~7日!なのです。

 

また、本アメーバの他にネグレリア属のアメーバ4種が知られており、

N. australiensisも実験的に病原性があると証明されているそうです。

 

実は、国内でも一度、佐賀県でフォーラーネグレリア感染例が報告されています。

1996年11月、佐賀県鳥栖市での25歳女性が感染し、

発症9日目で死亡しています。

死後女性を病理解剖すると、脳は形状を保てないほど溶けていたそうです。

関連画像

人食いアメーバ、フォーラーネグレリアの生息場所は?

自由生活性で、泥の中や水温が25℃~35℃の温水中に生息します。

 

海水ではなく淡水を好み、池、湖、沼や川などに生息します。

川は流れがあるため、水温は高くなりにくいですが、夏の池や湖は特に注意です。

他にもプールや温泉も危険だそうです。

「淡水」の画像検索結果

殺人アメーバ、フォーラーネグレリアの感染時の症状は?

脳に侵入すると急速に繁殖し、原発性アメーバ性髄膜脳炎を引き起こします

 

中枢神経系が冒されることで、

始めは嗅覚や味覚の変化の変化が起こります。

 

続いて頭痛、項部硬直、光に対する過敏性、吐き気、嘔吐、発熱、頭痛などを示します。

錯乱、眠気が生じ、けいれん発作が起こることもあります。

 

その後、急速に昏睡状態になり・・・10日以内に死に至ります。

関連画像

脳食いアメーバ、フォーラーネグレリアの潜伏期間は?

潜伏期間は、1~2週間

その後、上記のような症状がみられます。

 

殺人アメーバ、フォーラーネグレリアの検査は?

診断検査は、腰椎穿刺と髄液の分析で行います。

 

症状と「患者が最近淡水で泳いだか?」という事実から、

この感染症を疑って検査が開始されます。

「Naegleria fowleri symptoms」の画像検索結果

しかし、診断の確定は容易ではないそうです。

というのは、腰椎穿刺をして髄液(脳と脊髄の周囲を流れている液体)の

サンプルを採取しますが、

サンプル中にアメーバを発見できるとは限らないからです。

関連画像

他にも、脳生検、アメーバ培養検査、

アメーバの遺伝物質を調べるポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、

脳組織に存在するアメーバを特定する染色検査などもあるそうです。

 

殺人アメーバ、フォーラーネグレリアの治療は?

治療としては、

生存率が低いことから、最適な治療法の決定は困難なのです。

治療方法としては、以下の薬を使うようです。

「Miltefosine Naegleria fowleri」の画像検索結果

ミルテホシン(アメリカCDCから入手する必要あり!)

ミルテホシンと以下の薬を、少なくとも1つ合わせて使用します。

アムホテリシンB(抗真菌薬)

リファンピシン(抗菌薬)

フルコナゾール、関連薬のボリコナゾール、ケトコナゾール、イトラコナゾール(抗真菌薬)

アジスロマイシン(抗菌薬)

 

人食いアメーバ、フォーラーネグレリアに罹らないための予防方法は?

予防方法としては、

淡水と言われる川・湖、温泉など、

水に入る際は、「顔をつけないこと」です。

関連画像

フォーラーネグレリアの人体への感染ルートは、「鼻からのみ」だそうです。

 

そのため、口からフォーラーネグレリアが入った水を飲んでも、

感染しない!そうです。

もしも淡水に入る機会があるのならば、顔を水に浸さない!ことに限ります。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

見えない場所に潜む殺人・人食いアメーバ。

日本国内にも実際に死亡例があり、恐ろしい病気・感染症であることを知り

驚きました。

 

フォーラーネグレリアに罹らないためには、

「鼻を守る!」ということを知ってよかったです。

 

今回のニュースによって死亡された方のご冥福を祈ると共に、

今後、このような悲しいニュースが流れないよう、願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。