アメリカ、NY猫カフェは日本と異なるシステム・目的が?!シェルター保護猫の里親探し

こんにちは。

 

皆さんは猫カフェを訪れたことはありますか?

 

日本の猫カフェは、お茶やお菓子を食べたり、

雑誌・漫画・インターネットなどをしながら、

猫のいる空間でくつろぎ、楽しむカフェのことをいいます。

 

猫を飼えないアパート暮らしの人、家族に反対されて・・・などの諸事情で

猫を自宅で飼えない人などが通い、猫と戯れる・・・場所ですね。

 

猫カフェはもともと台湾が発祥と言われています。

でも、実は日本が火付け役。

日本国内で猫カフェが流行ったことをきっかけに、

現在世界中でブームとなっている!と言われています。

そう、あのアメリカでも、猫カフェは数が少なく、

ニューヨークにはまだ数店舗しかないとか。

というのは、ちょっとした事情がある様です。

「NY Cat cafe」の画像検索結果

アメリカでいう、「猫カフェ」は、日本の猫カフェの定義とは異なります。

猫との癒し空間・・・という目的もありますが、他にも事情があって異なるのです。

 

そこで、今回はアメリカ、ニューヨーク(NY)の猫カフェについて

紹介したいと思います。

最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

アメリカ、猫カフェの目的とは?

アメリカ、ニューヨーク;NYには、猫カフェは多くありません。

それは、目的がちょっと日本と違うからです。

時折、ニューヨーク市内に数日限定で猫カフェが出現!することはある様ですが・・・

それは理由があります。

 

アメリカでの猫カフェの目的は・・・

シェルターなどにかくまわれた猫の「里親を探す」ということなのです!

 

里親とは、引き取り手のない・家族がいない人や動物たちを家族の一員として

引き取ってくれる新しい家族のことを指します。

シェルターにいる、保護された猫たちを生涯に渡って家族の一員として

引き取ってくれる飼い主を探す場所!が、

アメリカでの猫カフェの目的と知りました。

 

私にとっては、最初はちょっとショックな話でした。

というのが、日本では癒し・共存する仲間の猫。

でもアメリカでは、全面的に!里親探しと銘打ってオープンしている・・・カフェ。

関連画像

しかし、考えれば考えるほど、実は素敵なシステムだということに気づきました。

 

猫カフェに行き、猫と触れ合い、気に入れば・・・一緒に連れて帰るというシステム。

血筋、金額など全く関係なく・・・猫と里親として猫を飼いたいと思う人が

フィーリングで関係を結んでいく・・・

猫は人の言葉を喋りませんが、ちょっとした「婚活」「出会いの場」だと思いました。

 

尚、里親として引き取りたい人は、追加料金が発生します。

でも、その追加料金は・・・懐に入るのではなく、

新たな猫の保護、エサ代、医療費、シェルターの維持などに使われます。

さらに・・・猫カフェの従業員さんたちは、

ボランティア・・・と聞き、さらに驚きました。

 

実は、アメリカで猫カフェをオープンする時、法律の壁がある?!

日本の猫カフェでは、カフェの中で猫たちが自由に歩き回り、

お客さんたちと戯れたりできます。

しかし、ニューヨーク市には「レストランやカフェ内に動物を入れてはいけない」

という法律があるそうです!

 

そのため、この難題をどうクリアするか!が

猫カフェをオープンするオーナーさんたちの難点のようです。

 

あるカフェは、猫と戯れる場とカフェを別の場所に置き、

カフェで購入した飲み物や食べ物を持ち込んだり、

カフェの奥にガラスで仕切った別空間をもうけ、そこで猫と触れあう・・・

など色々工夫されています。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

日本でも、実は「猫カフェ+里親さがし」を目的とした猫カフェがあると聞きました。

しかし、アメリカにある猫カフェは、

動物保護団体と協力した「里親探し」と学びました。

関連画像

猫と戯れながら、自分の猫パートナーを探す・・・

そして気に入れば責任を持って連れて帰ることもできる・・・

運命の相手に会える・・・一期一会のチャンスかもしれません。

もちろん、日本の猫カフェのように、

猫と戯れるだけでも大丈夫!ということなので・・・

機会があれば、訪れてみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。