シュレッダーとは何?ヒントは製麺機!開発者は明光商会、高木禮二さんとオリエンタル!

こんにちは。

 

自分の情報や仕事などで出た文書を捨てる際、皆さんはどうしていますか?

自分の住所や名前が載っているもの、秘密保持に値する資料を捨てる時、このままで大丈夫かな?見られると嫌だな?と思うことはありませんか?

「シュレッダー」の画像検索結果

私は、自宅に会社などにおいてあるシュレッダーがないため、細かくちぎって・・・捨てるようにしています。

ちょっと面倒だな、とは思うのですが、自宅ではそこまで多大な秘密資料はでないので・・・

 

今回は、そんなシュレッダーに関して、あるきっかけで開発、会社のことを知りました。

意外なものが開発のきっかけになったことが分かったので、まとめていきたいと思います。

是非最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

シュレッダーとは?

シュレッダー(shredder)とは、紙などを切断・破砕する機械の総称で、(切断式)破砕機とも言われています。

 

ペーパーシュレッダーは、不要書類の整理や処分のために使用されます。

というのは、個人情報・プライバシーの保護や情報漏えいを恐れ、漏えい防止のために細かく切断する!という画期的な機械なのです。

関連画像

基本的に書類の細断は、A4サイズの紙用紙で1300前後の紙片に切断されます。

ストレートカット(縦に切るのみ)・クロスカット(ストレートカットに一定間隔ごとに横にも切る)・

スパイラルカット(2ミリ四方に切る、高性能な裁断)方式があります。

 

高度情報化社会の中で、次第に機密情報漏えい防止に関する意識が高まりました。

また2005年施行の個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)の施行により、一気に会社・企業へのシュレッダーの認知・普及が進んだといわれています。

 

シュレッダーが開発されたアイデアのヒントは?きっかけの2つの説

日本で最初のシュレッダーを開発・発売した明光商会の創業者、高木禮二さんという説です。

高木さんがそば屋で食事をしている時に、製麺機を見て、突然アイデアが閃いた!と言う伝説があります。

「明光商会 高木禮二」の画像検索結果

実は、もう一つ説があります。

それは、現合資会社のオリエンタルが開発したシュレッダー。

「合資会社 オリエンタル」の画像検索結果

高木禮二さんが、始めてみたシュレッダーの紙を裁断する様子を見て、「まるで製麺機そっくりだ」と言ったという説です。

そのことが語り継がれ、いつのまにか、うどん屋で食事をしているときにアイデアのヒントが閃いた!という伝説になったというものです。

「シュレッダー 開発」の画像検索結果

尚、オリエンタルのホームページにも「シュレッダーを日本で初めて開発し、シュレッダー開発・製造に携わってまいりました」と明言されています。

オリエンタルが設立したのは昭和27年で、シュレッダー製造を開始したのが昭和34年。

また、同年6月に設立した明光商会は、日本で最初のシュレッダー(自動文書裁断機)を明光商会から発売したのが昭和35年とのことで・・・どちらとは、明言されていません。

関連画像

どちらにしても、明光商会のシュレッダーを一手に引き受けていたといわれる「合資会社オリエンタル」がシュレッダーの開発には深くかかわっていると推察できます。

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

開発・販売に関する説はありますが、今の時代の情報漏えい防止にかなり尽力しているのが、このシュレッダーと言って過言ではありません。

確かに言われてみれば、製麺機に似ている・・・気がします。

「製麺機 昔」の画像検索結果

物の開発には普段・日常の事柄がヒントになるといわれますが、こうして商品が実際に生まれてくると嬉しいものです。

これからも色々と生活に役立ち、暮らしやすくなる物たちが、たくさん開発されていくのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。