海外留学時オン・オフ切り替え!ストレス解消して輝く女子目指そう!

こんにちは。

 

「オン・オフ」という言葉をよく耳にすると思います。

 

あなたは、意味をきちんと分かって使っていますか?

また、どのようにすればいいの?って、疑問にもちませんか?

 

インターネットで調べると、多くのサイトが、

 

「オン・オフを切り替えよう!」とか、

「ストレスフリーの生活」

逆に、

「オン・オフ切り替えずにそのままでいい・・・」など、

 

様々な意見が混在して記載されており、

 

私としてはどれを信じればいいの?と頭を抱えてしまいます。

 

なので、今回は、私なり調べた「オン・オフ」について 

実際にどうすればいいのか、ということをまとめたいと思います。

Sponsored Link

 

オンON と オフOFF とは?

 

「On:オン」とは、仕事など、緊張が続いている状態

逆に、

「Off:オフ」とは、仕事などのストレスがない状態、休日・休暇の状態

を言います。

 

よく雑誌などで「オンとオフを切りかえる」といわれているのは、

このオン・オフ、いわゆる「ストレスのある状態・ない状態」の

切り替えを行うということなのです。

「on off stress」の画像検索結果

なぜその切り替えが必要なの?

 

では、なぜその切り替えが必要だと皆はいうのでしょう?

 

それは・・・

 

この正反対の状態を自分なりにポジティブにとらえ、

この状態を上手く日常生活の中で活用することで、

自分の日ごろの生活に「メリハリ!」が生まれ、

人生を より充実した輝かしいものにする! ことができる・・・

という目的だと私は思います。

関連画像

そう考えると、充実した人生を歩みたいと思う私は、

「おっ!」と、嬉しくなります。

 

誰でも、目標・向上心はありますし、今よりもさらに進化したい!!

という欲求はもっていますから。

 

ただ、理想と現実は酷で、全く違っていますよね。

関連画像

特に、留学中は、

満足に話せない、

勉強が思うように進まない、

知らない人ばかり、

気軽に話す友人がいない、

どこに行けばいいかわからない、

一人で旅行するのは危険!

 

など、あげたら止まらないくらいの多くの不満・緊張状態

学校・仕事・日常・ホームステイや寮などで続きます。

「女子 八方ふさがり」の画像検索結果

どこを見ても八方ふさがりです・・・

他の国の人たちがすぐに友人等を作って仲良くなるのを

うらやましく見てるだけ・・・

 

といった状況も、少なからず体験したことがあると思います。

 

どうすれば「オフ」になるの?

 

では、どうすれば仕事、家事、日々のストレスから

「オフ」状態を導くのでしょうか。

 

「やりたい勉強、仕事、働くだけ働いて・・・疲れたら寝る、何もしない・・・」

 

その繰り返しは、確かにオン・オフですが、

必ずしも理想的な切り替えとは言いにくいですね。

 

仕事や家事等の緊張状態を楽しみ、

そして、

リラックスする時間も日々確保して、自分をリフレッシュさせ、英気を養う・・・

 

という、自分のプライベート時間を充実させることができれば、

これは、「オン・オフの切り替えが成功」しているといっていいのではないでしょうか。

 

では、具体的にどうしたらいいと思いますか?

 

具体的には?

 

私からの提案は・・・

「女子 切り替え」の画像検索結果

・家の中にリラックスできる空間を作る

・オンの時に会う人とは「別の」人間関係を作る

・洋服や持ち物など、オンとオフで変える

・カフェ、本屋、マッサージ、映画など、直接家に帰らない

・自分のオンの時でも短時間立ち寄れるところに、リラックスできる空間をみつける

・まとまった休みを利用して、自然を楽しみ、違う街に行って、気分転換する

・携帯やパソコンから離れる時間を作る

Sponsored Link

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

何気ないことでも、オン・オフは、隣り合わせだと思います。

オン、すなわちストレス状態も大変重要です。

 

その重要な「オン」の良い状態を引き出すためにも、

やはり、自分にとって最善の「オフ」を充実させる!

ことが、私たちには必要だと思います。

 

オン・オフを充実させ、

素敵な笑顔輝く留学生活を送ることができれば

自然と色々な良いことが、あなたに引き寄せられてくる!

と、私は信じています・・・

 

次回は、こちらを紹介しています!

⇒ 女子の海外旅行・留学、持っていくべき着心地重視のオフ服選び!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。