セリーヌディオン祝50歳!復帰後初日本コンサート開催前に手術?

こんにちは。

 

今回は、カナダの歌手であるセリーヌ・ディオンさんについて紹介です。

関連画像

 

Sponsored Link

 

セリーヌ・ディオンさんとは?

本名;セリーヌ・マリー・クローデット・ディオン;Céline Marie Claudette Dionさん。

1968年3月30日に、カナダのケベック州、シャルルマーニュというモントリオール郊外

で生まれ育ち、13人兄弟だそうです。

 

先日、50歳の誕生日を迎えられました!「https://hrexach.files.wordpress.com/2018/03/img_8200-1.jpg?w=584」の画像検索結果

17歳の長男レネ・シャール(;René-Charles)君と

7歳の双子のネルソンとエディー(;Nelson 、 Eddy)君の母であるセリーヌさん。

これからも活躍を期待したいと思います!

「Celine Dion Shares Rare Family」の画像検索結果

レネさんとの馴れ初め・結婚

幼少より類まれな才能を発揮し、

12歳の頃、後に夫でマネージャーである

レネ・アンジェリル(;René Angélil)さんと出逢います。

17~18歳の頃、セリーヌの彼に対する気持ちに変化が起き、

19歳で恋愛に発展したそうです。

2度の離婚歴を持ち、前妻と3人の子供を持っていたレネさんとの関係に、

母親は大反対しますが、26歳差を乗り越え、

1991年、極秘で婚約し、3年後にカナダで結婚式を挙げました。

 

キャリアとプライベートの両面で、

35年以上もパートナーとして連れ添ってきたお二人。

素敵ですね。

「Celine Dion Shares Rare Family」の画像検索結果

家庭・家族・闘病

結婚生活のヒケツは「コミュニケーション」というほど、

公私ともに仲睦まじい様子が度々見受けられました。

長年の不妊治療で、3人のお子さんに恵まれました。

 

レネさんは、1999年に咽頭ガンとの診断を受け、

15年以上にわたり、闘病を続けました。

レネさんは、2014年には治療に専念するためにマネージメント業から退き、

セリーヌも2014年8月には「看病に専念するため」に無期限で活動を休止しました。

しかし、レネさんから願いで、2015年3月に仕事復帰します。

 

レネさんと約束したことがあります。「君の腕の中で死にたい」と語る彼に

「わかったわ。もちろんよ。その時が来たらあなたの側にいて、

私の腕の中で逝かせてあげる」

と返答したのは、有名な話です。

関連画像

2016年1月14日に夫が他界されます。

また、2日後の1月16日、兄のダニエルさんもガンで亡くなりました。

 

代表曲は?

1981年にフランス語の初アルバム

「ラ・ボワ・デ・ボン・デュー;La Voix de bon Dieu」でデビューします。

代表曲に

「ビコーズ・ユー・ラブド・ミー」

「イッツ・オール・カミング・バック・トゥ・ミー・ナウ」

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」などがあります。

10年ぶりの日本来日、コンサート

今年1月10日(水)に、ラスベガスのシーザーズパレスで記者会見を行い、

日本とマカオ、初公演をシンガポール、ジャカルタ、台北、マニラ、

バンコクで開催することを発表しました。

日本公演は、下記参照してください。

Celine Dion Live 2018 in Japan
開催日程:2018年6月26日(火)
開催会場:東京ドーム
公演時間:16:00開場 18:00開演(予定)
WEBサイト http://celine-dion.jp

4月に手術予定を発表!?

実は、先日3月24日に気になる発表がありました。

ラスベガスのシーザーズ・パレスのコロシアムで予定されていた、

3月27日から4月18日までの3週間のステージをキャンセルするという内容でした。

原因は、セリーヌは聴覚異常を引き起こし、

歌うことを非常に困難にするエウスタキオ管の病気です。

治療の一環で手術をする予定とのことでした。

「私は最近ついてないみたい。早く病気を治して歌を再開することを

楽しみにしています」と言っています。

「celine dion mariage」の画像検索結果

 

Sponsored Link

 

最後に

夫の死・兄の死後、果敢に仕事復帰されているセリーヌさん。

歌手としてだけでなく、母としてもそのひたむきさが、

カナダだけでなく世界中の人の心をとらえます。

 

今後の活動を続けていく上でも、早期の耳の手術が必要とのこと。

1日でも早い復帰と、日本・アジアのツアーが無事に成功することを

心より願って止みません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。