Gens du pays歌詞・訳!ケベックで愛される祝い歌Gilles Vigneault

カナダの中に位置するケベック州。

 

移民の国カナダの中でも歴史が比較的に長く、

フランス語を主要言語とし、ケベコワが多く住む州です。

 

テレビから流れてきた歌に聞き覚えがありました。

その曲名は、« Gens du pays »(ジャン・ドウ・ペイ)

 

時折、誕生日のお祝いに歌われる曲。

日本では、英語の「Happy Birthday to you」 が主要ですが、

こちらケベックでの歌は同じリズムで「Bonne fête」で歌います。

しかしこの曲は、全く違うリズムでしかもフランス語のみ。

何と言っているのだろう・・・

と気になり調べてみましたので紹介したいと思います。

ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

Sponsored Link

 

« Gens du pays »とは?

この曲« Gens du pays »は、

Gilles VigneaultとGaston Rochonにより作詞作曲された曲です。

 

1975年6月24日、ケベックの祝日であるサン・ジャン・バプティストの日に

モントリオール市内のモン・ロイヤルの会場で

アーティストのLouise ForestierとYvon Deschampsによりお披露目されました。

 

この曲は、愛について語り合おう・・・と呼びかける歌です。

  * You tubeはこちらから : « Gens du pays » 

« Gens du pays »の歌詞と日本語訳

歌詞

Le temps qu’on a pris pour dire : « Je t’aime »

C’est le seul qui reste au bout de nos jours

Les vœux que l’on fait, les fleurs que l’on sème

Chacun les récolte en soi-même

Aux beaux jardins du temps qui court

 

* refrain

Gens du pays, c’est votre tour

De vous laisser parler d’amour

Gens du pays, c’est votre tour

De vous laisser parler d’amour

 

Le temps de s’aimer, le jour de le dire

Fond comme la neige aux doigts du printemps

Fêtons de nos joies, fêtons de nos rires

Ces yeux où nos regards se mirent

C’est demain que j’avais vingt ans

 

* refrain

 

Le ruisseau des jours aujourd’hui s’arrête

Et forme un étang où chacun peut voir

Comme en un miroir, l’amour qu’il reflète

Pour ces cœurs à qui je souhaite

Le temps de vivre nos espoirs

 

* 2x refrain

日本語訳

「愛してる」と言うためにかけた時間

時代の終わりに残る唯一のものです

決意を誓い、蒔いた花々は

各々が摘むことができるでしょう

短い期間の美しい庭園にて

 

* 繰り返し

人々よ

愛の話をするのはあなたの番です

人々よ

愛の話をするのはあなたの番です

 

愛し合う時間、それを語る日

春が近づき、雪解けのように

私たちは喜びを祝い、笑い声で祝う

まなざしや注目を集めて

20歳だったのは、明日のことでした

 

* 繰り返し

 

今日、人生の小川は堰き止められ、

そして、誰もが見ることができる池を形作ります

池は鏡のように、あなたが愛する人のために愛を映しだし、

私たちの希望に生きる時間

* 繰り返し 2回

Sponsored Link

 

最後に

いかがでしょうか。

 

カナダのケベック州は、フランス語のみをオフィシャル言語にする州ですが、

私の住むこのモントリオール近郊は特に、

英語・フランス語が通じるバイリンガル地区です。

そのためか・・・誕生日を祝う時に同じ曲を英語・フランス語と歌うのですが、

この曲はフランス語のみ。

誕生日に歌う時は、コーラス部分の« Gens du pays »を

名前に置き換えて歌ってみてくださいね。

 

ケベックの州の歌はありませんが、何かお祝いの際にこの曲が始まるため、

コーラス部分だけでも押さえておく!と、皆と一緒に歌えて・・・

より一層、ケベコワと親交が深まることでしょう。

ぜひ・・・試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。