カナダ人気スポーツ、アイスホッケー選手らバス事故で死亡・重軽傷

こんにちは。

 

今回は、先日起こった、カナダのバス事故に関してのニュースの紹介です。

事故で多くの才能あふれる若者が一瞬にして亡くなりました。

また、今も病院で集中治療を受けている選手たちがいます。

 

事故詳細情報は、まだ警察からありませんが、

このことを機に、カナダにおけるアイスホッケーについて述べたいと思います。

 

Sponsored Link

 

ニュースとは?

現地時間、4月6日夜、カナダ中部サスカチュワン州郊外の幹線道路で

地元のアイスホッケーチーム「ハンボルト・ブロンコス(Humboldt Broncos)」のバスが、

選手ら28人を乗せて走っていたところ、トレーラーと衝突する事故が発生し、

選手の若者ら14人が死亡しました。

「Humboldt Broncos」の画像検索結果
警察当局の発表では、事故が発生したのは同州ティズデール(Tisdale)の北

約28キロの幹線道路で、この事故で14人が死亡した他、

14人が重軽傷のけがで病院に運ばれ、うち3人は重傷だそうです。

 

地元メディアの発表では、バスに乗っていた選手は、

16歳から21歳のユースチームに参加している若者で、

州内で行われる試合に向かっている途中だったということです。

フンボルト・ブロンコスは16歳~21歳の選手24人からなるホッケーチームで

全員カナダ出身だそうです。

「Humboldt Broncos」の画像検索結果
カナダのトルドー首相は、ツイッターで

「亡くなった方々の親御さんがどのような状況に置かれているのか、想像できません。

私の心は、この恐ろしい悲劇に見舞われたすべての人々とともにあります」

と哀悼の意を表しました。

カナダでは衝撃と悲しみが広がっています。

 

今日、テレビではずっとこのニュースが取り上げられています。

また、土・日は、多くの子供たちがスポーツをしているカナダ。

アイスホッケーをしている子供たち・親御さんなどにも動揺が隠せません。

* 参考;AFPBB News 

カナダに住んでいても、直接アイスホッケーに触れる機会がない私にとっては勉強不足です。

そこで、ここでスポーツとしてアイスホッケーの基本を学びたいと思います。

アイスホッケーとは?

「ホッケー;Hockey」のことを言います。

 

一般的に寒い時期、10月から4月まで半年間に楽しまれるスポーツです。

因みに夏でも楽しめます。

ホッケーが始まった当時は、ポロやクリケット、ラクロスなどと同じ認知度で

スポーツの一つに過ぎませんでしたが、NHLが北米中に拡大されはじめたのをきっかけに

世界の寒い地域に親しまれるスポーツとしてに広まりました。

 

ジュニアリーグが人気の理由は?

やはり、次世代を担うホッケー選手の発掘でしょう!

「junior hockey team」の画像検索結果

カナダではマイナーのプロリーグよりもこのジュニアリーグの人気が高く、

観客の入場者数1万を超える試合もあるそうです。

毎年5月に選手ドラフトがあり、プロのNHLへ行くための見せ場!「登竜門」的存在のリーグなのです!

ここで指名されれば、あこがれのプロホッケー選手!ということで、盛り上がります!

 

Sponsored Link

 

最後に

今回の事故では、偶然とはいえ、かけがえのない若者の命が奪われました。

事故にあわれた、トレーラー・バスの運転手、アイスホッケーチーム選手たち、チーム関係者。

すべての方に、ご家族がいるかと思われます。

すべての方の悲しみ・苦しみは想像の域を超えています。

今、まさに事故と闘っている若者・家族を応援するとともに、

この事故の関係者が一日も早くこの困難を乗り越えられることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。