コオロギ粉末プロテインバー日本で発売!?栄養満点な昆虫は将来の食糧難救世主!

こんにちは。

 

今回は、近い未来に有効的で貴重な栄養源になるかもしれない!?

あるものを・・・紹介します!

「CRICKET POWDER」の画像検索結果

それは、クリケット・パウダー!」

そう、「コオロギ」の「粉末」です!!

今回は、その救世主ともいわれるこの粉末についての紹介をまとめていきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

コオロギ粉末を使う理由は?

 

では、なぜこのコオロギに注目が集まったのでしょう?

栄養素・プロテイン含有比率が高い

食用コオロギを急速冷凍し、ローストして粉砕して食します。

クリケット粉末に含まれている栄養分は、鉄分やタンパク質、ビタミンB12、

9つの必須アミノ酸、オメガ3(不飽和脂肪酸)を豊富に含みます。

牛乳とほぼ同じ量のカルシウムを摂取することもできます。

また、ビーフジャーキーの2倍のプロテイン含有比率とも言われています。

飼育しやすい

従来のタンパク源として食される家畜に比べて、

飼育に必要な飼料や水、手間が格段に少ないコオロギの養殖は、

環境にも優しく、有効な存在と言えるかもしれません。

 

日本でも商品化!?

 

コオロギの食材化を目指し、粉末や加工食品の研究・開発している方がいらっしゃいます!

今夏にベンチャー企業を目指している、徳島大准教授の三戸太郎さんと同僚です。

実験で使う体長2センチ強のフタホシコオロギを凍結乾燥させ、

粉末にして「虫感」のない商品開発を目指しているそうです。

 

抵抗なく食すには?

 

では、どうすれば口に入れることができるでしょう。

臆病者の私・・・「虫」を口に入れるのは、かなり抵抗があります。

そこで、おすすめは・・・

パン・デザートの中に入れる

「CRIKET POWDER」の画像検索結果  関連画像 「CRIKET POWDER」の画像検索結果

クッキー・ビスケット・ホットケーキ・チップス・キャンディーとして

小麦粉の代わりに入れて食べてみてはいかがでしょうか!

シリアルバーを食べる

「CRICKET POWDER」の画像検索結果関連画像

海外では、実際に売られています。

色々なナッツ類と一緒に摂取すれば、

手軽に栄養価の高いものを摂取することができます!

関連画像

他にも、料理の隠し味として、パスタや焼き菓子の中に、

オートミール・ヨーグルト・スープ・スムージーの中に入れて

取り入れることもいいかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

最後に

 

実は、このニュースを目にしたのは、朝のニュース番組です。

アナウンサーの方が、番組紹介中に、乾燥コオロギをそのまま食べる!

ところが紹介され・・・ちょっとショックでした。

 

でもこのことをきっかけに調べてみると、

カナダのオンタリオ州にある農園でも食用目的に養殖しており、

貴重な栄養源として、またベジタリアンの方に対しても有効な、

食べ物になることがわかりました。

 

コオロギを丸ごと口の中に入れるのは、かなり抵抗がありますが、

粉末で、何かと混ぜて食するのなら・・・

優れた栄養素を摂取することはできることも可能かと思います!

関連画像

世界人口の増加が見込まれる近い将来、予測されるのは、食糧確保の危機や環境破壊です。

日本でも、昔からイナゴやハチノコなど昆虫を食べる方・地域もあります。

もしかすると、将来有望な次世代のタンパク源、私たちの救世主として

この「コオロギ」などの昆虫が受け入れられ、

それを有効に利用していくことは普通になるかもしれませんね。

 

* 参考;CBC ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。